ママも浴衣で夏のおしゃれを楽しみたいですよね。家族で浴衣コーデのポイントは?時短で着られる浴衣ってあるの?着崩れしない?そんな悩みもバッチリ解決しちゃいます。

index目次

浴衣のインナーはプチプラでOK

薄い色の浴衣で太陽の下を歩くと、下着が透けてしまうので注意が必要です。お持ちであれば、浴衣スリップを着用して、透けを防ぎましょう。持っていない場合は、UNIQLOのブラトップ&シームレスショーツ(色はベージュ)で代用できます。

柄は牡丹、芍薬などの古典柄で

今年はズバリ!古典柄で。牡丹、芍薬、蝶、菖蒲、藤、朝顔などです。牡丹や芍薬には「幸福」、蝶には「長寿、復活」、菖蒲には「魔除け」といったように、古典柄にはそれぞれ意味があるので、照らし合わせながら選ぶのも楽しいですね。

小さな柄は背の低い女性向き、大きな柄は背の高い女性向き

浴衣も着物と同じで、小さな柄は背の低い女性向き、大きな柄は背の高い女性向きとされています。1番大事なのは、好きな柄を着ることですが、スタイル良く見せたい際は、体型や身長と柄とのバランスで選びましょう。

おすすめの色はズバリ!白・紺・藍

ママ世代におすすめの色はズバリ「白」「紺」「藍」です。
先ほどの古典柄との相性が良いだけでなく、落ち着いた色合いが若々しさを引き立ててくれます。

蒸し暑い日には、絞りの浴衣

絞りの浴衣の特徴として、布の表面に凸凹ができます。この凸凹が、汗による浴衣の張り付きを防いでくれ、快適な着心地を与えてくれます。特に子どもを抱っこすると汗だくになるので、絞りの浴衣は助かります。

しかし、絞りの浴衣は高級品。上品さ漂うコーディネートができる反面、お値段が張るので、品質の確かな専門店での購入をおすすめします。

家族での色柄合わせはバランス重視

家族全員で、浴衣を着る場合はそれぞれの浴衣の色と柄に注意が必要です。子どもの浴衣や甚平は、柄がくっきりしていて、カラフルなものが多いので、ママの浴衣もカラフルだと、家族全体の浴衣コーディネートがまとまらないことも。

特に女の子の甚平や浴衣は色がピンク・赤・黄色、柄はリボン・お花・ハートなど華やかなので、ママとパパの浴衣は控えめな色や柄にすると家族コーデが引き締まります。そのため、古典柄やシックな色の浴衣と合わせると家族でのバランスが良くなります。

楽ちんヘアアレンジ

自分の着付けに、子どもの着付け、どれだけ時間があっても足りないですよね。そこで、簡単で落ち着いた感じを出せる、シンプルなアレンジをいくつか紹介します。

髪を2束分け、それぞれ三つ編みにして、耳の下でおだんご

長さが足りない時は、下の方で1つ結びにしておだんご+黒シュシュ。
かんざしを挿せば、簡単なのに、落ち着いたまとめ髪に見えますよ。

時短テクは「作り帯」で時短&着崩れ対策

お出かけ前は、子どもと自分のヘアアレンジ&着付けで忙しなくなりがち。しかも、出先で心配なのが着崩れ。時短で着付けたい!自分で帯が直せない…という人の味方となってくれるのが「作り帯」です。

この「作り帯」は、先に結んであるので、平帯部分を胴にぐるりと巻いて紐で締めるだけでいいんです。手持ちの帯を切らずに仕立て直してくれるお店もあります。仕立て直しは、安いところでは2000~3000円くらいでできるので、時短&着崩れ予防策として考えると割安です。私は面倒くさがりで暑がりなので、メッシュ地にマジックテープ付きの作り帯です。

古典柄には、落ち着いた無地かグラデーションのものを合わせます。レースや兵児帯リボンなどフリフリしたアレンジは子どもの特権です。

子どもの甚平&浴衣の素材は吸汗性素材やワッフル生地を

夏の子どもの肌は、あせもや湿疹のトラブルがつきもの。小さい子は特に、汗を吸い取りやすい素材がオススメです。大人の絞りと同じように凸凹したワッフル生地が、吸湿速乾に優れています。

年齢別、甚平&浴衣+履物

甚平コーデにするか、浴衣コーデにするか悩むところですが、わが家では年齢により変えていきました。

0~1歳は、ロンパース型の甚平+はだし(常に抱っこなので不要) 。購入は西松屋。

1~2歳(写真左2点):セパレート型の甚平+サンダル。購入はイオンスタイル+300円ショップ
2~3歳(写真右から2番目): 浴衣ドレス+サンダル。購入はニッセン+300円ショップ
4歳~(写真右):浴衣+草履(靴底がゴムになった履きやすいタイプ)なければビーチサンダル。浴衣はママのお下がりを裾上げ

浴衣を着られるようになったら、ヘアアクセを大人と同じにする事でとっても喜んでくれます。リンクコーデにもなりますね。

外国からの観光客向けの商品として、今はイオンやUNIQLOなどですぐに着られる浴衣セットが安価で手に入り、子育て世代でも手が届きます。お手ごろだと、よく考えずに購入してしまいがちですが、せっかく買うなら計画的に!そんなわが家の粋な浴衣コーデはこちら。

「バーーーン!」と、なぜか、ばぁばも参加

お祭り好きなわが家は、今年も7~8つのお祭りや花火大会に行く予定です。家族で夏を思いきり楽しみましょう。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
CHi-Aさん

夫・娘(6歳)・息子(0歳)現役アパレルデザイナーママ。 最近、間違った方向のオシャレに目覚めた娘に日々、頭を悩ませています。

CHi-Aさんの記事一覧 v-right