洗濯物大改革

洗濯乾燥機はとても便利ですが、機械は畳んでしまうところまではやってくれません。洗濯という家事の炎上ポイントはまさにそこ!

そこで私が確立したのは、

洗濯導線と在庫の一元管理

オシャレ着や仕事着などは別にクローゼットがありますが、子どもの普段着と家族の下着はすべて脱衣室のラックに収納。

究極の解決法:畳まない!

そもそも乾燥機をかけられるような衣類って、シワになっても着心地や見た目が大きく変わるわけではありません。ならば畳まなくてもいいのでは!?と、洗濯機から直接引き出しにポイっと放り込むシステムにしました。

下着もTシャツも引き出しに収まる量だけ持ち、ここから溢れるようならその都度古いものを処分していきます。

また、人×アイテムごとの管理で、明らかにどこにしまうか分かるようにしてあるため、将来的に子どももお手伝いしてくれることを願っている母なのでした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かんべみのりさん
絵日記・漫画家

MBA漫画家。著書に「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」など。3歳0歳姉妹のママ。手帳・連絡帳の育児日記を毎日Instagramにて更新中。

かんべみのりさんの記事一覧 v-right