わが家ではリンゴは皮のまま輪切り!切り口が花や星に見えてかわいいし、何よりラクチン、そして子どもにも食べやすいです。捨てる部分も少なくなるので生ごみも減りますよ!

index目次

わが家では、リンゴは皮のまま輪切り!


リンゴは洗って、皮のまま1~1.5cmの厚さに輪切り!がわが家の定番です。以前はくし切りにして種のある芯部分を切っていましたがその手間が省け、廃棄部分の減少にも!

うす切りだと、小さな子にも食べやすくなります!

食べ終わった後は種のまわりが残ります

種のまわりを残せない小さな子には

種部分を残して食べることが難しかった小さな頃は、小さな抜き型で種部分を抜いていました。見た目もかわいくなり、簡単です。

きれいな星が見られることも!


リンゴの種類と時期にもよりますが、蜜が入って星がキラキラしているように見えることも!子どもたちのテンションも上がります。

リンゴの栄養 まるっといただきましょう!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
すなみかずみさん
プラチナライター

小5男子、小1女子、年少男子のママ。家族みんなが食いしん坊!酵母でパンを焼いたり味噌を仕込んだり「食べもの作り」が好きです!

すなみかずみさんの記事一覧 v-right