固形石鹸を使っている家庭におすすめ!ダイソーの「石鹸が収納できる泡立てネット」を紹介します。コスパ良し&機能面良しのこの商品。「もっと早く知りたかった…!」と思うのは私だけじゃないはず。子どもと一緒に入るお風呂がずいぶん楽になりますよ♪

「ソープインホイッパー」とは

「ソープインホイッパー」とは、固形石けんを収納できる泡だてネットのこと。一瞬「ん!?」って思ってしまいますが、仕組みは至ってシンプル。でも、これがなかなかの優れもの!固形石けんをお使いの家庭では一度試してほしい逸品です。

ダイソー「ソープ in! ホイッパー 洗顔石鹸専用 泡立てネット」108円

素晴らしいポイントは4つ

【その1】石けんを入れたまま吊るせる

商品名の通り、ソープ(固形石鹸)をホイッパー(泡立て器)に”in(イン)”した状態で、保管することができます。また、吊り下げリングが付いているので、使った後は石鹸を入れたまま、吊るして置いておけます。わが家では、ステンレスのS字フックに引っかけて吊るしています。

S字フックに引っ掛けて、石けんを入れたまま、吊るせる

【その2】石鹸の水切れが良い

「石鹸を吊るして置いておける」ということは、

そう!自然に水が切れるのです!

「固形石鹸あるある」といえば、まず挙げられるのが「ヌルヌルの発生」。そして、「泡立ちが悪くなる」ですよね。それらの原因のひとつとして、「水気」が挙げられます。

吊るしておくことで、自然に水が切れ「ヌルヌルの発生」や「泡立ち不足」を軽減してくれます。

吊るしておくだけなのに。いやはや、ズボラ万歳です!

【その3】コスパも泡立ちも良い

固形石鹸は泡立てることによって、洗浄力が存分に発揮されます。ソープインホイッパーは、泡だてネット本来の役割もしっかりと果たしてくれます。100均だからと言って、侮ってはいけません。

見てください!この泡立ち!

このパフォーマンスで108円はうれしい♪

【その4】小さくなった石鹸も最後まで使える

「固形石鹸あるある」の2つめとして挙げられるのが、「小さくなった石鹸が使いにくい」。これがソープインホイッパーだと、ネット内で最後まで使い切ることができるんです。

ビバ節約!

ズボラでドケチな私には、衝撃的な商品でした(笑)。

固形石鹸の入れ方

  1. シリコンリング(写真矢印)を開く
  2. 固形石鹸を中に入れる(シリコンリングがストッパーになります)
  3. 完成!(浴室内に吊るして使います)

こんな人におすすめ

赤ちゃんや幼児に固形石鹸を使ってるパパ・ママへ

洗浄力&コスパの良さから、わが家はベビーソープも固形石鹸派。肌の柔らかい赤ちゃんや幼児は、なるべく泡でやさしく洗ってあげたい。でも、赤ちゃんを抱っこしながら、幼児を膝に乗せながら、石けんを泡立てるのって結構大変!

でも、これなら吊るしてあるソープインホイッパーを泡立てるだけ。使い終わった後は、吊るしておくだけ。本当にちょっとしたことなんですが、随分と楽になりました。

洗顔や手洗いなどで固形石鹸を使っている家庭に

パッケージには「洗顔石鹸専用」と書いてありますが、中に入れる石けんによって、洗顔にも手洗いにも使えます。家庭の環境に合った使い方を探してみてください。

あえて注意点を挙げるなら、泡立てネットで直接、顔や体をゴシゴシしないようにしましょう。結構、痛いです。(やったんかい!笑)

コスパ良し、機能面良し!気になった人は、一度お試しください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
αさん

6歳年上の夫と、夫と瓜二つの娘と3人暮らし。ちょっとおっちょこちょいな働くママです。育児も家事も仕事も楽しく☆1日1回は大笑いしたい(笑)

αさんの記事一覧 v-right