裏返したり、裏地も付けないから簡単に作れる、子どもポシェット。使う布は、手拭い。浴衣や甚平にも合わせやすく、夏のお出かけで大活躍してくれること間違いなし。

index目次

手ぬぐいを使うメリット

ポシェット作りと聞いて、面倒くさい、できない、時間がない!と、思ったあなた。ぜひ、この記事を読んでください。手ぬぐいを使うことで、裏返したり、端の処理をなくして、とても簡単に作れます。しかも、最近の手ぬぐいは、かわいい柄がたくさん。しかも、100均でもかなりの種類が並んでて、見ているだけでも楽しいですよね。写真は、「100円ショップのSeria(セリア)」の手ぬぐいです。

材料と作り方

材料 1個分
手ぬぐい
1/2枚
肩紐
80cmくらい
リボンなどひも状のもの
7cm×1本・4cm×2本
ボタン
1個
  1. 手ぬぐいを半分に切り、半分だけ使います。切った手ぬぐいを縦半分に折ります。
  2. 縦に折ったら、上下1cmくらいずつ内に折り込み、アイロンをかけます。(写真:白線)
    下(片方)を5mmくらいのところで縫います。(写真:水色線)
  3. 手前にある部分を上から10cmくらいのところまで持って行きます。(完成形が見えてきました!)
  4. リボンなどの紐2本(写真:ピンク 4cmくらい)は肩紐を通すため、1本(写真:水色 7cmくらい)は、ボタンを留めるために使うので、それぞれ写真の位置に挟み、待ち針で留めます。ボタンの大きさ、肩紐の太さでこの紐の長さは変えてくださいね。
  5. コの字で5mmくらいのところを縫います。
  6. ボタンを付けて、肩紐を通して結べば完成です。

2種類の柄を合わせてみる

2種類の柄を合わせる場合、ズレが目立ちやすいので、しっかり待ち針でおさえて、縫うようにしてください。はじめに、2枚をつなげれば、作り方は同じです。

このサイズは使いやすい

作り方は違いますが、このサイズは使いやすく、小さいころから、夏のポシェットとして使っています。ハンカチ、ティッシュ、お財布、そして、ちょっとしたおもちゃも入っちゃいます。

2代目手ぬぐいポシェット
ジグザグ縫いをしてあげると、かわいさが増します

まとめ

ボタンやリボンなどでもだいぶ感じが変わったり、肩紐も革紐を使うとオシャレになったりしますよ。試してみてくださいね。ズボラ裁縫、プチプラポシェットでした。

この記事を書いたライター

記事一覧
ちゃこさん

プチプラものづくり好き。出産前は美容師。今は、ヘアメイク・着付けと2人の子育ての両立に、奮闘中のママです。
あんふぁんメイトブログ Instagram