今またブーム再燃中のサバ缶。体に良い事はわかるけれど、とにかく地味!なんてイメージは今や昔。最近のサバ缶は思わず手に取りたくなるかわいくてオシャレなデザインのものが豊富です。思わずパケ買いしてしまったサバ缶コレクションをご紹介します。

index目次

あくまでもパッケージのかわいさだけで選んでみました

思わず手に取ってしまったかわいい・おしゃれなサバ缶たち。味は置いておいて、パッケージのかわいさを紹介させてください。ママ友へのプチギフトにも使えそうです!

コスパ良し!カルディオリジナル“さばの水煮”

購入価格175円(税別)

缶の上部も側面もかわいい「SABA」の文字とさばのイラストのカルディオリジナル商品。さばの水煮缶がスーパーから姿を消しつつある今、箱積みされているカルディのサバ缶。思わず4~5個購入してしまいました。

おしゃれサバ缶と言えばこれ!“サヴァ缶”

左はオリーブオイル漬け・右はレモンバジル味 購入価格378円(税別)

テレビなどメディアでも数多く取り上げられ、しばらく品薄状態だったサヴァ缶(フランス語でCava?は「元気?」という意味なのだそう)。

岩手県産株式会社という会社が販売者となっておりますが、震災被災地の食の復興を目的に3社が共同で開発した商品なのだそうです。

オシャレでおいしいからついつい買っちゃう。でもその事で少しでも被災地を応援できるならもっともっと買っちゃいそうな商品ですね。

写真の他に赤いパッケージの「パプリカチリソース」味もあります。デパートの地下に入っている食品スーパーや、カルディなどで手に入ります。

いつものスーパーにもあるかも。ニッスイ“さば水煮”

左はみそ煮・右が水煮 購入価格138円(税別)

ときどき行くスーパーで見つけたサバ缶は、ニッスイの商品。シンプルなサバイラストの中に「SABA」のロゴがかわいい。普段のスーパーで手に入り、さらにリーズナブルな価格がうれしいサバ缶です。

ニッスイ“鯖(さば)水煮” “鯖(さば)オイル漬け”

左はオイル漬け・右は水煮 購入価格198円(税別)

こちらもニッスイの商品ですが、上のサバ缶は国産サバを使用しているのに対し、こちらはデンマーク産のサバを使用しているそうです。

海外産のサバを使っているので外国風の缶タイプ?しかしロゴは国産缶と違って“鯖”と漢字使い!なぜなの !?笑

骨や皮も取り除いているのでサラダなどに使いやすいです。同じメーカーでも産地によってパッケージが変わるなんて面白いですよね。

マットなシルバー・ゴールドに筆文字がカッコイイ!
伊藤食品“美味しい鯖(さば)水煮”“美味しい鯖(さば)味噌煮”

上が水煮・下は味噌煮 購入価格238円(税別)

よく行く最寄りのスーパーにて購入したサバ缶。缶に紙が巻いていある仕様なんですが、このギラギラしすぎないマットな銀・金の紙に黒筆文字で「鯖」という何ともカッコイイサバ缶です。

控えめに、でも堂々と「美味しい」と書き添えてあるあたりも気になるポイント。国産サバ、沖縄の塩「シママース」を使用。黒地に金文字の「醤油煮」をはじめ他にもサバ缶シリーズがあり、コンプリートしたくなります。

落ち着いた渋めの色味とイラストがおしゃれ!
TOMINAGA“さば オリーブオイル漬け”

左がオリーブオイル漬けガーリック・右はオリーブオイル漬け 購入価格249円(税別)

成城石井で見つけたサバ缶。国産のサバを使用していますが、どこか外国風。落ち着いた色味を使って、文字もまっ黒ではなく濃いめの茶色?少し薄い黒?なところが私好みです!

まるで陶器 !?おしゃれすぎる!
マルハニチロ“ラ・カンティーヌ 鯖フィレ”

購入価格340円(税別)

もう缶のまま食卓に出したい!白地にブルーの花模様がおしゃれすぎるサバ缶はなんと(というのも失礼ですが)マルハニチロの商品です。

「ラ・カンティーヌ」シリーズのひとつで、そのおしゃれな見た目から雑貨屋さんなどで扱われることも。私も最初はキッチン雑貨屋さんで見かけました。

購入したのはカルディで再会したとき。開けるのがもったいない!でも空き缶になっても何かに使えないかと捨てられません。

とぼけたサバちゃんがたまらない!
黄金の村“国産 寒さば きとうゆずしおオリーブオイルづけ”

購入価格390円(税別)

今回ご紹介した中で一番お気に入りのデザインがこのサバ缶。とぼけたサバちゃんの顔がたまらなくかわいい!缶自体は真っ白で、スリーブケースに印刷されています。

写真ではわかりにくいのですが、サバちゃん本体はキラキラの箔(はく)押しプリントされています。また、レモンとサバとの組み合わせ缶は見かけますが、ゆずというのがまた良いじゃないですか。

こちらの商品はGEORGE’Sという雑貨屋さんで見つけました。レジを対応してくれたスタッフさんが「これ、とてもおいしいですよ!」と絶賛してた商品です。

開けるのもったいないけれど食べてみよう!アレンジレシピ

パッケージのかわいさにひかれて購入しましたが、もちろん食べます。缶汁ごと使うレシピを紹介します。

缶汁ごと炊飯器へ!炊き込みご飯

材料 作りやすい量
3合
サバ水煮缶
1個
ニンジン
1/3本
ゴボウ
1/2本
ショウガ
1かけ
しょうゆ
大さじ2と1/2
みりん
大さじ2
大さじ2
作り方
所要時間10
STEP1
米は30分前にといでおく。ゴボウはささがきにして水にさらす。ニンジン、ショウガは細切りにしておく
STEP2
米の入った炊飯釜(まだ水は入れません)に調味料、サバ缶の汁を入れてから、水を炊飯器の3合の目盛まで入れる
STEP3
2に切った野菜とサバの身を入れ、炊飯器のスイッチを入れる。炊けたら全体を混ぜ合わせる※炊飯時間は所要時間に含まれません

お肉の代わりに!サバじゃが

火が通りやすいように野菜は薄めに切り、今回は色味にパプリカを入れていますが、ニンジンでもおいしいです。

材料 4人分
サバ水煮缶
1個
ジャガイモ
中3個
タマネギ
1個
パプリカ
1個
A
しょうゆ
大さじ2
砂糖
大さじ1と1/2
みりん
大さじ1
大さじ1
作り方
所要時間25
STEP1
ジャガイモは半分に切ってから1.5cm厚に、パプリカは1.5cm幅の細切りに、タマネギはくし切りにする
STEP2
フライパンに油を入れ、パプリカ以外の野菜を炒める。野菜に油がまわり、ジャガイモの角が透明になってきたらサバ缶の汁とAの調味料を入れてふたをし、ときどきかき混ぜながら10ほど煮る
STEP3
ジャガイモに火が通ったらパプリカとサバの身を加えざっくり混ぜ、さらに5分ほど煮てできあがり

オイル漬けはパスタにピッタリ!

材料 2人分
パスタ
160~180g
サバオイル漬け缶
1個
ブロッコリー
1/2個
ニンニク
1片
塩、こしょう
適量
作り方
所要時間10
STEP1
ニンニクは薄切りにし、ブロッコリーを小房に分ける
STEP2
鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタを袋の表記通りゆでる。ゆであがり2~3分前にブロッコリーを加え、ゆであがったらざるにあげ水けを切る
STEP3
フライパンにサバ缶のオイルを入れ、ニンニクの薄切りを加えて火にかけ、ニンニクの良い香りがしてきたらサバの身を入れて軽くほぐし、2を加えざっと混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を調えたら火を止めて器に盛る

子どもにもっと魚料理を食べさせたいけど、調理は面倒だし、子どもの食いつきも悪い…。と思っていたけれど、サバ缶なら、調理も簡単だし気になる骨もやわらかくて食べやすい。

しかもかわいい見た目は何より作る方のテンションも上がりますよね。

かわいいサバ缶でポジティブに魚を食べよう!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
すなみかずみさん
プラチナライター

小5男子、小1女子、年少男子のママ。家族みんなが食いしん坊!酵母でパンを焼いたり味噌を仕込んだり「食べもの作り」が好きです!

すなみかずみさんの記事一覧 v-right