iPhoneの標準カメラにはたくさんの機能がありますが、使いこなせていますか?今回は、iPhoneカメラの知っておきたい機能を紹介します!順光より逆行の方がいいとき、明るくするより暗くした方がいいときもあるんです◎

index目次

基本の使い方

  1. カメラアプリを起動
  2. ピントを合わせたい場所をタップ
  3. シャッターボタンを押す

そうです、みなさんの知っている通り、基本はこの操作だけで写真が撮れます。しかし、基本操作だけでは、思い通りの写真が撮れないこともしばしば。iPhoneカメラにはたくさんの機能があるので、使いこなして思い通りの写真を撮りましょう!

明るさの調整

  1. 画面をタップしてピントを合わせる
  2. タップして太陽のマークが表示されたら、画面を上下にスワイプし、好みの明るさに調節する(上にスワイプすると明るく、下にスワイプすると暗くなる)
  3. シャッターボタンを押す

逆光で真っ黒になっちゃう!

という声をよく聞きます。限度はありますが、この明るさ調節機能で、逆光でも明るい写真を撮ることができます。

人を撮るときは特に、順光(被写体の正面に光が当たっている)より、逆光のほうが好ましい場合があります。順光だと、撮られる人はまぶしくて目を細めてしまいますが、逆光ならその心配もありません。逆光で、明るさを被写体に合わせると、背景が明るくなり清々しい写真になります。

(左)明るさ調整なし / (右)明るさ調整あり

明るくするだけじゃない

この機能を使って、明るさを暗くして、かっこいい写真も撮れます。

明るさとピントの固定「AE/AFロック」

せっかく明るさとピントを合わせたのに、シャッターを押す前に元の明るさに戻ってしまった…、ピンボケ写真になってしまった…、ちょっとイラッとする、よくある現象です。

iPhoneのカメラは明るさ、ピントを自動調整するようになっているので、このような現象が起こります。「AE/AFロック」を使うと、自動調整をロックできるので、イラッとすることもなくなります。(AE=自動露出 / AF=オートフォーカス)

  1. 画面を長押しして、ピントを合わせる(画面上部に「AE/AFロック」と表示される)
  2. 長押しをして太陽のマークが表示されたら、画面を上下にスワイプし、好みの明るさに調節する
  3. シャッターボタンを押す

瞬間をの逃さない、連写機能「バースト」

  1. ピント、明るさを調整する
  2. シャッターボタンを長押しする)

シャッターボタンを長押しするだけの、超便利連写機能「バースト」です。最大999枚撮影できますが、そんなにいらないですね(笑)!

動きのある被写体を撮影するときや、大人数の集合写真を撮るときの、まばたき対策に便利です。撮影した写真は、保存先の写真アプリで確認し、必要な写真のみを残すことができます。

連写した写真の選択方法

  1. 連写した写真を表示し、下部の「選択」をタップ
  2. 残したい写真にチェックを入れる
  3. 右上の「完了」をタップし、「お気に入りのみを残す」をタップ

この作業をすれば、不要な写真は削除され、データ容量を食う心配もありません。

こんな機能も!「Live Photos(ライブフォト)」

ライブフォトは、写真がビデオのように3秒間動くものです。驚くことに、シャッターを押す前後の1.5秒ずつが撮れます。シャッターを押す前が撮れるなんて、すごいですよね!ちなみに音声も入ります。

  1. 画面上部の三重丸のマークをタップ(マークがオレンジ色になる)
  2. シャッターボタンを押す(シャッター音は動画撮影時の音です)

さらに!「HDR」

HDRは、存在は知っていてもどういう機能かは、知らない人が多いかもしれません。HDRとは「ハイダイナミックレンジ」の略で、露出(明るさ)の違う写真を3枚連写して、それぞれの写真の良い部分を活用して合成する機能です。

何だかすごい機能のように感じますが、普通に写真を撮るのと変わらず、一瞬で仕上げてくれます!たとえば、キレイな夕焼けを撮ろうとして「ダメだ、写真じゃ伝わらない…」と感じたことはありませんか?

そんなときにぜひ、HDRを使ってみてください!普通に撮る写真より、目で見ている風景に近い写真が撮れますよ。

(左)通常 / (右)HDR

よく見ないとわからないかもしれませんが、通常の写真では白くなってしまい、表現しきれていない地面や雲が、HDRでは明暗が強く表現されています。

  1. 画面上部のHDRをタップ
  2. オンを選択(マークがオレンジ色になる)
  3. シャッターボタンを押す

まとめ

いかがでしたか?「すでに使っているよ!」という人も多いと思いますが、「知らないと損!」と思う機能を紹介させていただきました。優れた機能なのでたくさん使っていただき、写真をたくさん残していただければと思います!

写真は、過ぎ去っていく瞬間をとっておけるものです。四角い枠に、風を、匂いを、そして想いを閉じ込めて。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ひよこさん

「やりたいことをやる!」と言い、会社員を辞めフリーのカメラマンに。妊娠を機に休業し、現在は1歳の娘を撮りまくる日々です。

ひよこさんの記事一覧 v-right