昔懐かしアイテム「リリアン」が進化した!? 今のリリアンは、毛糸で編めるからサクサク編めちゃう♪編んだ作品は中に針金を入れると、その形は自由自在に。いろいろな毛糸で編んで、家を冬仕様に飾りつけしてみませんか?とても簡単なので、親子でどうぞ!

index目次

「リリアン」って何?

「リリアン」とは、筒状になっている部分の上に数本の突起があり、そこに糸を掛けながら編む手芸用品のこと。なんと、日本に入ってきたのは大正時代なんだとか。そんなに長い歴史があるものなのですね。

子どもの頃に遊んだ記憶があるママも多いかもしれません。その頃使っていた糸は「リリアン糸」という。太めの刺しゅう糸のようなもので、ツルッとした触り心地でしたよね。(懐かしい!)

なんと、今時のリリアンは毛糸で編めちゃうのです!リリアン自体も、以前の物に比べて大きくなっており、手にフィットして持ちやすくなっていました。そんな懐かしい商品がダイソーで手に入るなんて、試さずにはいられません!

ダイソー「毛糸 de リリアン」108円

さっそく作ってみることにしました。

セット内容

開けてみると、いくつかのパーツに分かれていることが判明。

左から、付け替え用ヘッド・カギ(編み棒)・本体

なんと、上のヘッド部分の付け替えが可能。糸の太さに合わせて交換できるのです。カギのカーブ部分もとても使いやすそうで、テンションが上がります!

ヘッド部分をつけかえる場合

ヘッドと本体は、ひねって簡単に外すことが可能。糸のサイズに合わせて簡単に付け替えることができます。ドライバーなどが必要ないので、子どもでもできちゃいますよ。

ねじ式になっている
付け替え完了

さっそく編んでみよう!

作り方
STEP1
毛糸の端をヘッドの中央穴から下に垂らし、本体下にある切れ込みに挟みこむ
STEP2
穴から出ている糸を、ヘッドについているピンに、クルクルと巻きつけていく(写真内の1~4の順番で)
STEP3
先ほどの最後の糸(上記写真内4番目の糸)を、矢印のようにクルッと隣のピンにかける ※元々かかっていた糸の上に、新しくかけた糸がくるようにする
STEP4
ピンにかかっている下の糸を、上の糸を通り越し、穴の方へ持っていくこれを反時計回りに進みながら、ひたすら繰り返していけば完成!

編み終わり方

作り方
STEP1
毛糸を10cm程度残して切る
STEP2
赤丸部分のように、本体を持つ手で糸の端を持ちつつ、通常通り一目編む。そして、残った目をカギで矢印の方向に引っ張り、手で押さえていた糸の端を出す黒丸部分の糸の端を、黒矢印の方向に糸を引いていくこれで、一本のピンから目が外れる
STEP3
各ピンでSTEP2の手順を繰り返すと、すべてがピンから外れる
STEP4
これで完成です!

文章で作り方を読むと複雑そうですが、同じ作業の繰り返しなので、実際にやってみると簡単で驚きますよ。ぜひやってみてくださいね!

リリアンのアレンジ

一度編み始めると、楽しくなってしまい止まらなくなるリリアン。気が付いたら、目的もなく編んだ物が何個もできていた!なんてことも。そんなときは、ワイヤーを入れてアレンジする方法はいかが。

端からワイヤーを入れ、反対側から出てきたワイヤーとねじって止めます。リリアンの端同士も余っていた糸同士を結び、ワイヤーがはみ出ないようにします。 ※使用するワイヤーは、クラフト用のやや太めが◎。今回、使用したものは2mm幅。100均でも購入可能

星型でガーランド

カーテンレールにぶら下げれば、窓側が一気にクリスマス気分になりますね!リリアンを1本60cm程度まで編んだもので、作る星は15cmくらいのサイズになり、使い勝手抜群です。

星形を縦に並べると…

毛糸なので、糸で簡単に結ぶことができます。縦につなぐと、ちょっとした場所を彩ることができます。晴れている日だったら、玄関の外に飾るのもいいですね。

リース風に飾っても

大きく作ってしまったリリアンは、クルッと二重に丸めてリボンをつければ、あっという間にリースに大変身。今回は、リリアンの星を一緒に飾りましたが、大きめの松ぼっくりやサンタのオーナメントなどを飾ってもかわいい!

クリスマスが終わったら

針金で変幻自在なので、さまざまな形に作り替えが可能。星型をハート型にして飾ってみれば、バレンタイン気分が盛り上がってきませんか?あまり飾り付ける習慣がないバレンタインも、家中をハートで埋め尽くしてみるのもいいかも!

まだ編むことが難しい年齢の子どもでも、形を作る工程だったら簡単にできちゃいますので、親子でアレンジを楽しみましょう!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
へそ野へちまさん

やんちゃ盛りの息子達を、いかに疲れさせ、早く寝かしつけるかに命を賭けています。子連れでも、全力で思いっきり遊べる場所をご紹介します!

へそ野へちまさんの記事一覧 v-right