皮はパリパリ、中しっとりジューシーに。デイリーにも特別な日にもおすすめの「チキンソテー」。失敗しない作り方とスタイリングのコツをご紹介します。

チキンソテーの作り方

材料 1人分
鶏もも肉
1枚(200~250g)
小さじ1/2
ブラックペッパー
少々
ローズマリーまたはタイム
1枝
オリーブオイル
大さじ1
オリーブオイルまたはバター
小さじ1
作り方
所要時間30
STEP1
鶏肉は冷蔵庫から出して30分~1時間くらいおいて室温に戻しておき(所要時間外)、余分な脂肪や筋を取り除き、塩をふり10~15分おいて水気を拭き取りブラックペッパーをふる
肉が冷たいと塩が中心まで浸透しないので、室温に戻してなじませましょう
STEP2
フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉の皮を下にして並べ、弱めの中火にかける
STEP3
そのまま動かさずに焼き、出てきた水分や余分な脂はペーパータオルなどでふき取り、厚み半分強まで白くなったら裏返す
出てきた水分は臭みのもとなので拭き取るのがおいしく焼けるコツです
STEP4
ローズマリー、オリーブオイルまたはバターをフライパンの端に入れて熱し、その油を鶏肉に回しかけハーブの香りを鶏肉に移す※鶏肉を裏返してからハーブを加えるのは、始めから入れていると焦げたり香りが強くなりすぎてしまうので、それを避けるためです。香りづけのための工程なので、苦手な人は省いてOK
STEP5
2~3分焼き、さい箸などで押してみて弾力があれば火が通ったサイン。器に盛り付けて

スタイリングのコツ

チキンソテーは盛り付けによってデイリーにも特別な日のメニューにもなります。

骨付き、もも肉1枚、からあげ用サイズ、どの大きさでも焼き方は同じですが、骨付きは火が通りにくいので時間の余裕があるときがいいですね。

楕円(だえん)の黒いうつわに盛り、ボルドーのクロスを合わせて上品に

クリスマスやバレンタインディナーなど、特別な日におすすめです。

ワンプレートの盛りつけでも、付け合わせで変化を

カラフルに添えて華やかさをプラスしたり、シンプルに盛ったり。クロスはお皿と同系色にして控えめにすると、お料理が映えます

ざくっと一口サイズを盛る

食事中も子どものお世話で忙しいママも食べやすいですよね。

いつものチキンソテーにハーブを添えるだけでも特別感が出るので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
田村佳奈子さん

フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリスト Web、雑誌、ドラマなどのレシピ開発やスタイリング、フードコーディネーターとして活動中。

田村佳奈子さんの記事一覧 v-right