子どもの字が汚いのは、鉛筆の持ち方が原因かも?正しい持ち方ができてないと、筆圧が弱い・歪む・姿勢が悪いなどの癖が身について、正すのにもひと苦労。大人も使える矯正アイテムで、親子で鉛筆の正しい持ち方からの美文字を目指しましょう◎

index目次

「字を書く」は子どもの成長の証

保育園や幼稚園でひらがなを覚えると、文字に興味を持ち始め、友だちや先生に手紙を書いたり、本を読み始めたり。

文字がわからない小さい子どもでも、鉛筆やペンを持って「書く」ことが好きで、紙を見ては鉛筆や色ペンを握って「書く」遊びをしている、2歳児の行動に成長を感じる反面、壁紙や提出書類に落書きされないか、とヒヤヒヤしています。

子どもの鉛筆の持ち方や姿勢が気になる

書くことに慣れてきた子どもは、学習中の姿勢が気になるところ。友だちに手紙を書いていた小学2年生の長女は、文字はキレイなのですが、書いているときの姿勢が覆いかぶさった状態で、もはや手元が見えませんでした。

キレイに文字が書ける長女。でも、学校の勉強中の姿勢が気になります…

勝手に鉛筆でお絵かきを始める2歳の女子に比べて、年長になる三男は自宅で文字を書いている姿を見たことがなく、試しに鉛筆を持ってもらってみたのですが、

持ち方が怪しい…(汗)

私も鉛筆の持ち方には自信がなく、実は箸も曖昧。子どものうちに矯正しないと、大人になっても間違えた持ち方の癖が直らないので、文字も姿勢も「美しい」とはかけ離れた状態に苦労しています。そんな私が、子どもに正しい鉛筆の持ち方を教えることができるのでしょうか。

鉛筆の持ち方矯正アイテム

子どものうちに、正しい持ち方を覚えてもらいたいと思い、何か自然に持ち方を正せる文具を探していたところ、こんな矯正アイテムがありました。

「鉛筆持ち方矯正 Firesara ペングリップ(3個セット)」1499円(※購入時価格)

鉛筆デビューや矯正初級に向いている形の、持ち方グリップ。かわいいフクロウの顔が書いてありますが、矯正の段階によりグリップの形も変わり、他にもイルカや蝶などのシリーズがあるそうです。

筆箱に常備するには、少し大きいサイズ
下から見ると穴が3つと、不思議なデザイン
重さは約10gでした。右左兼用で使えるそう

試しに姿勢の悪かった長女に、装着して書いてもらうと、

グリップを意識すると、鉛筆が良い角度で立ちました

机から眼が離れて、姿勢が戻っているではないですか!

使い方は簡単!鉛筆に取り付けるだけ

この矯正グリップは三角や六角、丸など、さまざまな鉛筆の形でも装着ができました。

六角の穴に鉛筆を通して固定。取り付け箇所は、先から約3センチが目安
親指と人差し指を両側のホールに入れて
中指をリング部分に入れて、装着完了!

薬指をでっぱりに添えれば、正しい持ち方の完成です。

持ち方グリップを実践してもらいたい子どもの特徴

  • 力が入らず、筆圧が弱い
  • 濃い鉛筆を使っていても、筆圧が薄くて文字が細い
  • 文字を書くときに手が浮いている
  • 持ち方が決まっておらず、毎回支える指が異なる
  • 文字を書く姿勢が悪い

誰でも鉛筆の持ち始めめは、グーで握って持つのかと思っていたのですが、きょうだいの様子を見ていると、始めからきちんと持てる子もいれば、小学生になっても正しい持ち方ができていない子もいて、鉛筆の持ち方は人それぞれ。

矯正グリップを使用して、何度も繰り返し書くことで、自然と持ち方が安定するのかな、と思いました。

左利きの四男も、何度か矯正グリップをつけて書いていたら…
グリップを取って持たせてみたところ、正しい持ち方になっていました

あくまで矯正なので、すぐに正しい持ち方が身につくわけではなく、持ち方が安定するまでは、ある程度の回数や時間が必要でしょう。口で説明するのが難しい「鉛筆の持ち方」。持ち方グリップは、子ども1人でも簡単に正しい持ち方が自然と身につくサポート文具、だと感じました。

そして、この持ち方グリップを使っていた子どもの様子を見て、おばあちゃんたちが口をそろえて言うのが

昔はこんな便利な道具はなかったね

そして、「あなたたちが小さい頃は、鉛筆やお箸の持ち方を教えるのが、本当に大変だったわ」と子育て時代を振り返っていました。正しい持ち方を教えるのは、いつの時代も母親の役目なのかもしれませんね。

最初は誰でも字が汚い!「書ける」ことを褒める

小学校に入ると、日記の掲示などで字が上手な子・汚い子と得意不得意が出てきますが、低学年はみんな字が汚いのが当たり前。また、十分に文字が書けないうちに、漢字を覚えないといけないこともあり、子どもなりに大変です。

文字や漢字を覚えられなくても、正しい持ち方で一字一字に集中し、キレイに文字が書けたときは褒めてあげたいと思います。

矯正なので、すぐに効果があるとは限りません

また、このフクロウの形をした持ち方グリップは、対象年齢3歳から。シリコンなので嫌なゴムの臭いもなく、小さな子どもが噛んでも苦味もない丈夫な素材です。

誤飲する恐れもない大きさなので、2歳児にこの持ち方グリップをつけた鉛筆を渡したところ、「こわい!」「いらない!」と言って拒否されてしまいました(笑)。

始めから持ち方グリップをつけて鉛筆を持たせるより、子どもが興味のあるときに装着してあげると、鉛筆デビューや矯正スタート時に、スムーズに導入できると感じました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
meguさん

大学事務員とグラフィックデザイナーの掛け持ちをしている4男2女の6児ワーママ。趣味はネイルと。子連れでも大規模な展示会や旅行へ行くアクティブ派。フラワーゼリー認定講師としても活動中。

meguさんの記事一覧 v-right