賃貸でも分譲でも、壁紙に穴を開けるのに抵抗がある人は多いのではないでしょうか?私もその1人。時計や写真を飾りたくても、ピンで穴を開けるのは補修も大変ですし、うまく補修できなかった際は悲惨です。その悩みを一発で解決する商品を発見しました!

index目次

壁紙に穴を開けていますか?

壁紙に粘着テープや接着剤を付けるのは、壁紙が剥がれるかもしれないので怖い…。でも、ピンで穴や跡が残るのも困る…と、掲示物を飾るのを躊躇(ちゅうちょ)している人は、私だけではないはず。

赤ちゃんがいる家に、このデザインの時計は魅力的すぎて危険!

耐荷重別に3サイズ展開

ダイソーに、ビニル製の壁紙に貼り付けることができる「壁紙用フック」が登場!

ダイソー「針穴をあけない!壁紙に貼れる 壁紙用フック」108円

しかし、大人気すぎて、「耐荷重:約1kg」が売切続出…!写真はないですが、使い方はどれも一緒です。

  • 【耐荷重:約2kg】1個入り(幅54mm×高さ70mm)
    用途:軽めのバッグや、スーツ、コートなど
  • 【耐荷重:約1kg】2個入り(幅40mm×高さ54mm)
    用途:小さめのポーチや、カバン、洋服など
  • 【耐荷重:約500g】4個入り(幅31mm×高さ38mm)
    用途:カレンダー、鍵、アクセサリーなど

取り付け可能な面は?

日本の住宅で、主に使用されているビニル製の壁紙のほか、ステンレス、タイル、ガラス面にも取り付け可能。ビニル製以外の壁紙やコンクリートには、使用できないので注意してください。

簡単に取り外しできる?

ぶっちゃけ、可能です!なぜなら私、取り付け箇所が気に入らなくて、2回も取り外しました。接着剤さえ残っていれば、何度でも貼り直しできるんです。

特許取得済み!

特許を取得しているだけあって、動画サイトの開設や、取扱説明書のQRコードの読込ができるなど、ダイソー側の力の入れ具合が伝わってきますね。

使用方法

フックの裏面に接着剤を塗って、壁にギュッと押し付けるだけ。24時間以上経過したら、フックとして使用できます。フック、接着剤とも無色なので、白い壁紙でも目立たず、インテリアの邪魔をしないのも優秀ポイント。

取り付けたいものの重さを量り、どのフックにするか決めます
フック裏面の溝に沿って、接着剤を塗ります

開封した接着剤は、3週間以内に使用する必要があるので、取り付け前に開けました。

位置を決めます
ギュッと30秒ほど押し付けます
24時間経過すると、完全に固定されます

ちなみに、フックを貼り付けた直後に掛けると、落ちてしまいました。説明書通りに、きちんと時間の経過を待つ必要があります。

無事に取り付けられました!

1カ月経過しても落ちてくる様子はなく、ホッとしました。

はみ出た接着剤は取れるの?

どれだけ不器用な人でも大丈夫!爪で少し剥がせば、あとは軽く引っ張るだけで、ピロピロ~っと取れます。接着剤自体、透明でほとんど見えないので、面倒くさがりの人は取らなくても良いと思います。

爪でこすって、少し剥がします
あとは引っ張るだけ~

正直、108円の商品なので、もっとベタベタしていたり、剥がしにくかったりするのかと疑っていましたが、杞憂(きゆう)でした。

完売するのも時間の問題!使いやすさは天下一品なので、迷わず買うべし。

あ!貼り直し用に接着剤が単品でも販売されると、なお良いと感じました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
CHi-Aさん

夫・娘(6歳)・息子(0歳)現役アパレルデザイナーママ。 最近、間違った方向のオシャレに目覚めた娘に日々、頭を悩ませています。

CHi-Aさんの記事一覧 v-right