100円の缶詰は、実は優れもの!包丁もお皿も使わずに、ひと手間加えるだけで、キャンプのごちそうが簡単に作れちゃいます。賞味期限も長い缶詰めは、ストックしておくと、とっても便利なんです。キャンプ行ったときに試してみてください。

index目次


私はキャンプでも家でも、「いかに時短でおいしく調理ができるか」を常に考えています。そんなときに大活躍なのが、ズバリ“缶詰”!今や、100円ショップでも売っている缶詰がコスパ最高で、楽々調理ができる優れもの。

今回は忙しいママの助っ人になる、そんな缶詰アレンジレシピ5選を紹介します。

使用した缶詰はすべて100円!

これらの缶詰はべて、100円ショップの食品売り場で購入。100円(税別)とは思えない缶詰もあります。

【1】オイルサーディン缶詰のアヒージョ

ふたを開けると、オイルに漬けてあるイワシがびっしり入っています。

これをこのまま使っちゃいます。包丁もお皿も必要ありません。缶にみじん切りにしたニンニクをのせ、好みで鷹の爪を少し入れます。

キャンプの定番であるBBQの網の上に、缶ごとそのままのせるだけ。サーディンに火が通ったら、できあがり。初めからオイル漬けになっているので、オリーブオイルも不要。簡単にアヒージョが完成します!

【2】コーン缶詰のコーンバター

ふたを開けたら、汁を捨てます。

こんなにたくさんのコーンが入っています!このコーン缶の中に、バター(またはマーガリン)をそのまま投入。

オイルサーディンと同じように、BBQの網の上に置いておけば、コーンバターのできあがり。塩、こしょうは好きな分量、しょうゆを入れたら、コーンバターの完成です!

【3】アンチョビ缶詰のおつまみ

パパのお酒のお供にぴったり!

ふたを開けると、これもオイル漬けに。刻んだニンニクをフライパンに入れます。

缶の中のオイルも一緒に入れちゃいます!無駄にはしません。

火をつけて、ニンニクの良い香りがしてきたら、ちぎったキャベツを投入し、少し経ったら刻んだアンチョビも入れます。アンチョビに塩気があるので、塩は好みで、黒こしょうをたっぷり入れて炒めます。

キャベツがしんなりしたら、できあがり。

ササっと簡単にできちゃいます!

【4】パインの缶詰のパイン牛乳寒天

小鍋に缶詰のシロップを入れ、水を足して合わせて200mlにします。そこへ寒天(4g)、砂糖50gを入れて火にかけ、寒天と砂糖を溶かします。

その間に、バットやお皿にパインを並べます(今回は切らないで並べました)。

牛乳300mlを小鍋に入れ、よく混ぜます。

先ほどのバットに液を流して冷やせば、パイン牛乳寒天のできあがり。パイン缶のシロップも無駄にはしない、楽々時短レシピです。

【5】あずき缶詰のつぶあん

ふたを開けると、ドロッとゆるいのですが…、

砂糖を入れて、火にかけて煮詰めると、つぶあんになります。

焼いたパンの中に入れて、あんぱんを作りました。

100円の小さい缶詰めでも、煮詰めればつぶあんになり、簡単にあんぱんも作れちゃいます。

100円の缶詰を使って、時短・簡単・おいしい料理ができちゃいます!みなさんもぜひ、作ってみてください♪

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつだひとみさん

中学2年生男の子、小学3年生の女の子、小学1年生の男の子、令和元年5月に女の子が産まれ4人の子ども達の母です!
旅行やキャンプが好きです!年の離れた4人の子ども達のために美味しいご飯を作ることを日々目標にしています!

まつだひとみさんの記事一覧 v-right