鋸山はロープウェイもあって手軽に登れる上に、見所も多くて景色もきれいです。また、近くの岬で水遊びができたり、今話題の道の駅にも立ち寄れたりと、盛りだくさんに楽しめます!

末っ子が4歳に!待望の登山デビューは鋸山へ

我が家はアウトドアが大好きです。ずっと家族で登山もしたいと思いつつ、子どもが小さいと歩きとおせるか心配で(抱っこしながら登山もたいへんなので)なかなか行けずにいました。

でも、末っ子が4歳になったので、登山デビューをしました。場所は、鋸山に決めました。なぜ鋸山にしたのか、5つのポイントを挙げながらご紹介したいと思います。

index目次

1.ロープウェイで登れるので初心者には手軽であること

幼児連れの初めての登山の場合、登って降りてこれるかが未知数ですよね。そういうときは、登りはロープウェイを使うというのもアリだと思います。

後で気づいたのですが、途中まで車で行けるルート(登山自動車道)もあったので、それなら全部歩けそうでよいなと思いました。

2.大仏様や観音様など見所が満載なこと

鋸山日本寺の境内は5つのエリアに分かれていて、それぞれに見所があります。

見事な大仏様(薬師瑠璃光如来)が見られたり、

百尺観音像、千五百羅漢石像群などをお参りすることができます。

小学生は、何体あるか数えながら進んでいました。

山道も整っていて歩きやすいです。

3.スリリングさを味わえること

山頂展望台にある「地獄のぞき」はパワースポットとも言われる絶景スポットです。

そこから下を見ると、落ちたらゾッとするような景色が見られます。一方、遠くを見渡すと、東京湾や緑の山並みのきれいな光景も。この対比が天国と地獄のようだから、このような名前なのだと聞き納得しました。

4.近くで水遊びもできること

「明鐘岬(みょうがねみさき)」が近くにあり、そこでは磯遊びができます。

砂浜で遊ぶこともできました。

映画「ふしぎな岬の物語」の舞台となった場所で、富士山も見ることができるそうです。

5.いま話題の道の駅である「保田小学校」に寄れること

こちらは、廃校になった鋸南町の保田小学校を改装して2015年12月にオープンしたユニークな道の駅です。

学校の教室や黒板・机などの備品がそのまま使われて、食堂やカフェになっていて、2階の教室には宿泊することもできるようです。小学生に戻ったような懐かしい気分が味わえます!

元体育館だった場所は「きょなん楽市」という市場に改築されており、そこでお土産や地元のお花や農産物を購入することができます。特にお花はとても安くてきれいで、フラワーアレンジがおすすめです。

詳しくは、笹木眞江さんがレポートした「【格安】学校に泊まろう!子連れなら楽しさ3倍になる!? 千葉県鋸南町の「保田小学校」感想」もご覧ください。

鋸山は手軽に登山もできて見どころが満載な上に、近くでも楽しめる場所がありと、子連れ登山デビューにおすすめです。

施設情報(アクセス・サービスなど)

公式サイト 鋸山日本寺
http://www.nihonji.jp/
鋸山ロープウェイ
http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p010000.php
※最新情報はこちらでご確認ください
アクセス 千葉県安房郡鋸南町鋸山
JR内房線「浜金谷」駅または「保田」駅下車
車の場合は鋸南保田IC下車
駐車場 無料駐車場有
料金 鋸山日本寺
大人:600円、小人(4~12歳):400 円

この記事を書いたライター

記事一覧
SAKIさん

4児ママのライフオーガナイザーです。仕事と育児、家事をこなして自分時間ももてるよう、収納や家事を仕組み化し、快適な暮らしづくりを応援します。
あんふぁんメイトブログ アメブロ Instagram