寒天を使ったきな粉プリン。加熱して冷やすだけでできる簡単な和風スイーツです!(48kcal、たんぱく質2.8g、脂質2.6g/1個60g当たり)。

材料 約10個分(1個60g)
粉かんてん
2g
100g
きな粉
40g
砂糖
45g
牛乳
400g

作り方
所要時間15
STEP1
ボールにきな粉を入れ、牛乳を少しずつ加えてきな粉をまとめておく(約100g入れる)
STEP2
鍋に粉かんてんと水を入れ、泡立て器でよく混ぜて火にかける。泡が上がるまで沸騰させたら火を止める
STEP3
2に牛乳・砂糖・きな粉を入れ、泡立て器で混ぜながら、もう一度沸騰するまで火にかけ、沸騰したら火を止め、表面の泡を取り除く
STEP4
2分ほどおき、少し冷めたら容器にうつす(陶器の器に入れる場合は熱いままでも大丈夫です)
STEP4
容器にそそいだら、人肌くらいなるまで冷まして冷蔵庫で冷やしてできあがり

幼児クラスには仕上げにホイップを
かわいいカップで作れば手土産や持ちよりにも良いですよ

レシピエピソード

私の勤める保育園では、全てのメニューを加熱するのでゼリーやプリンも寒天で作ります。寒天で作るときのポイントは「必ず泡が上がるまで沸騰させること」です。沸騰させないと固まらないことがあるのでご注意を。

寒天は常温でも固まり、冷やしたあとも溶けないので、手土産や持ちよりメニューにもおすすめです。この「きな粉プリン」は子どもたちにも大人気。ホイップクリームとの相性も良く、トッピングにおすすめです。

さらに大人用には黒豆をトッピングすると、おしゃれな和風スイーツにもなります。牛乳の代わりに調整豆乳を使っても作ることができます。材料も少なく、加熱して冷やすだけなので簡単に作れます。機会があったら、作ってみてくださいね。

読者限定!RIZAPトライアルモニター募集中

RIZAPの「シェイプアッププログラム」を4万9800円(4回・税別)でお試しいただけます。さらにモニター謝礼として1万円のキャッシュバック!
また、モニター終了者から抽選でクオカード3000円分を100人にプレゼントいたします。さらに本コースへの入会金5万円が無料に。
店舗により受け入れ制限がかかる場合が想定されますのでお早めにお申し込みください。
申し込みはこちらから(2019年8月31日(土)まで)

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
小林 翠さん
プラチナライター

保育園栄養士、幼児食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。小学生2人のワーキングマザーです。

小林 翠さんの記事一覧 v-right