ダイソーやセリアなどの100円ショップで、キュートな手ぬぐいが揃っているのを知っていますか?定番の和柄だけでなく、カフェ柄などより取り見取り。そんな「100均手ぬぐい」を使ったプチ手芸を紹介します。端処理済みの手ぬぐいを使えば簡単です。

index目次

100均でどんな手ぬぐいが売っているの?

左4つがダイソー、右3つがセリアのもの。すべて端処理済みのもの

ザブザブ洗濯でき、乾きが早いのが魅力の手ぬぐい。ダイソーやセリアなどママたちが愛用する100円ショップで様々な柄の手ぬぐいが売っています。

ほとんどが端処理済みのものなので、端ミシンをかける必要がなくサクサクと作ることができますよ。

おでかけにぴったり「手ぬぐいポシェット」

一見、難しそうに見えますが、裏返したり裏地も付けないので初心者でも簡単にできます。お祭りなどの「和」のイベントだけではなく、ちょっとしたおでかけにぴったりです。
>作り方はこちら

10分で完成!直線縫い4回だけの「あずま袋」

折り紙みたいに手ぬぐいをたたみ、直線縫いをたった4回だけするだけで完成する簡単手芸。10分程で完成します。浴衣のお供にはもちろん、ちょっとしたお買い物に持っていくのにも便利です。
>作り方はこちら

園児&小学生の必需品「移動ポケット」

ポケットのない服にパチッとつけて、ハンカチやティッシュを持ち運べる「移動ポケット」。今や園児や小学生の必需品です。手ぬぐいで作れば、ハンカチタオルも入る大きめサイズの移動ポケットが2つ作れます。
>作り方はこちら

蒸れにくく洗濯もOK「手ぬぐい帽子」

日差しの強い季節に欠かせない帽子。手ぬぐい帽子なら蒸れにくく涼しいので、子ども用にぴったりです。汗をかいてもザブザブ洗えるのも嬉しいですね。
>作り方はこちら

パジャマにも。涼しく動きやすい「ステテコズボン」

ズボンがたった1枚の手ぬぐいで出来るなんて!すぐに汚れたり、背が伸びて履けなくなったりと、子どものズボンは何枚あっても足りません。100均手ぬぐいを使って、手軽に履けるズボンを作ってみませんか?
>作り方はこちら

端処理済みの手ぬぐいを使ったら、ちょっとハードルが高い手芸も身近になりそう。お気に入りの柄を見つけて、一度チャレンジしてみませんか?

この記事を書いたライター

ライター一覧
ぎゅってWeb編集部さん

全員がワーママ&パパの編集部。働くママの毎日をもっと楽しく、ちょっとラクに。そんな情報を朝・昼・晩とお届けします。

ぎゅってWeb編集部さんの記事一覧