子持ちドライバーのみなさん!車内に置いておきたい物って、意外と多くないですか?とはいえ、スペースは限られているし、置き場所に困ることもしばしば…。そんな問題を解決してくれるアイテムが、なんと100均にありました。イチオシの4点を紹介します◎

index目次

車内の収納問題

子どもを連れて車を運転するとき、車内に置いておきたい物って、意外と多いんですよね。でも、車内で物を置けるスペースは限られています。

置き場所に困った物は、「とりあえず座席の上に積み上げる」という状況に陥りがちで、気が付けば車内がごちゃついてしまう…なんてことも。

そんな物たちの収納場所をちゃんと決めてくれる便利なグッズが、なんと100円ショップにあったんです!実際に使用してみて「これは使える!」と思った、アイテム4点を紹介します。

【1】吊下げ式ティッシュカバー

子どもを乗せていると、なぜかよく使うことになるティッシュ。わが家では、「車内で置き場所に困る物」No.1でした。これまでは、ダッシュボードに乗せたり、後部座席の真ん中に置いたりしていましたが、車が動くとティッシュの位置がズレるなどで、プチストレスだったのです。

それを解決してくれたのが、この「吊下げ式ティッシュカバー」

ダイソー「吊下げ式ティッシュカバー」108円

ダイソーのインテリアコーナーで発見し、これを前部座席のヘッドレストに取り付けています。こうしておくと後部座席から取りやすく、子どもがある程度以上の年齢であれば、チャイルドシートに座っていても、自分でティッシュを取ることができます。

さらに、助手席側に取り付けておけば、運転席にいる親も少し振り返るだけで、ティッシュを取ることができて便利です。

【2】車内ポケット(ベビーシュート)

暇つぶし用のおもちゃやおやつなどを入れておくのに便利なのが、この「車内ポケット」。セリアのカー用品コーナーで見つけました。これも座席のヘッドレストに取り付けます。

セリア「車内ポケット(ベビーシュート)」108円

マチがないので、中に物が入っていないときは、厚みがなくスッキリとしています。口部分の前後の高さが違うので、物を入れやすい構造になっているんです。

わが家では、コンビニのレジ袋などを中にセットして、ゴミ箱として使うことが多いです。

車内用のゴミ箱としては、カー用品店などで専用品が売られていますが、なかなか「これだ!」と思うものに出会えずにいました。

しかし、100円でこの機能性なら十分すぎるほど。ティッシュやお菓子のゴミなどを捨てるのに、ちょうどいいサイズです。

【3】回転フリーフック

とにかく車内に何かを引っ掛けておける場所が欲しい!そんなときは、汎用性の高いこの「回転フリーフック」がイチオシです。

セリア「回転フリーフック(2個セット)」108円

小さいカーブと大きいカーブが合体したS字フックの形をしていて、それぞれの向きを自由自在に変えられます。このアイテムの良いところは、簡単に付け外し可能で、いろいろな場所で使えるところ!

例えば、ヘッドレストに取り付けて、床に置きたくないバッグや買い物袋を引っ掛けることができます。他にも、ベビーカーに付けたり、旅行用のスーツケースに付けたりと、1セット持っておけば車を降りた後も便利に使えるんです。

【4】車内を濡らさない傘ホルダー

雨降りの日には、傘も置き場所に困る物の一つ。床に直接置くと、床や足下が濡れてしまうのが気になっていたので、濡れた傘を入れておけるホルダーを探していました。

「車内を濡らさない傘ホルダー」が、100円ショップにあるなんて!100円で買えるなら…と試してみたところ、これが大正解!

セリア「車内を濡らさない傘ホルダー」108円

中に溜まった水は、ボタンをはずして下から水抜きすることができる仕組みになっています。

まとめ

今回紹介したアイテムは、すべて「ヘッドレストに取り付けられる」というのもポイント。床置きせずに宙に浮かせておけるので、車内をスッキリと保てます。車内を清掃したいときも、床や座席に物が置いてある場合と比べて、断然ラクです。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぽりこさん
プラチナライター

小2女子と年中男子の二児の母。整理・収納・インテリアとお絵かきが趣味です。整理収納アドバイザー2級。暮らしやすい家をめざして日々奮闘中!

ぽりこさんの記事一覧 v-right