子どもとの会話って不思議…。

わが家の次女は、いま3歳。最近はとにかくひたすら喋っています。

「ママー。ほら見て。ここ(おもちゃのレジ)にこれ(ボタン)がちょうど入るんやで!」

「ママー。この道路って真ん中の線がオレンジやから車は抜かしたらアカンねやな?ふむふむ」

「ママー!(…以下無限)」

と、見たものや思ったことをずーーーっと喋っています。そして脈絡がない(笑)。

なので、集中して話を聞いていないとすぐにかみ合わなくなります。ちょっとでも「え?あーはいはい」「さー?そうちゃうかー」と生返事をするとすぐにバレるので、これまた大変。

この前は、一生懸命話しているので何となく会話をしていたのですが。気づくとおたまとピンクの概念について真剣に説明されていました。

このとき私は、「あ、いま上の空だった。でもこの子は本気で相手の言葉に向き合って、なんとか分かってもらおうと小さい頭をフル回転だったんだなぁ」とちょっと感動しました。(その後は、笑ってしまいましたが)

“ピンクとは、色である”とドヤ顔で説明されると、何というか不思議な気持ちで…。子どもって本当に何もかもがゼロから、たっっっっくさんのことを学んでいくんだなぁと再認識しました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
八田ももみさん
絵日記・漫画家

元少女まんが家。今は、週2で絵画教室講師&週6でパート勤務のシャカリキアラサー主婦。育児に旦那にお仕事に、全力投球の日常を随時せきららに漫画でつづります。

八田ももみさんの記事一覧 v-right