家族のスマホやiPadを1カ所でまとめて充電すると、ケーブルや充電器でごちゃごちゃ…。そこで、いろいろな100均グッズで試行錯誤して考えた末に、「ダイソー」のアイテム2つで、簡単にすっきりとまとまる、充電ステーションを作れたので紹介します!

index目次

ケーブルBOXの上で充電していたけれど…

家族が使っている複数のスマホを1カ所で充電していると、コードなどでごちゃごちゃ散乱しやすいですよね。

わが家では3COINSのケーブルBOXに、コンセントやコード類をまとめていましたが、それぞれのスマホを置く場所がなくて、重ねて置くこともあり、使いにくさを感じていました。

毎日使う場所なので、すっきりさせたい!そこで「100均グッズで、充電ステーションをDIYしたい」と考えました。

【課題】充電ステーションを作る上でのポイントは?

充電ステーションを作るためには、「コネクタ部分を簡単に通せること」が課題だと思いました。あまり手を加えることなく使えるものはないか、100均の店内を探してみることに。

「コネクタ」とはこの部分のこと

【試行錯誤①】木材を組み合わせて作る

ナチュラルなインテリアが好きなので、100均の木材で充電ステーションを作れないか考えました。

そこでまず思いついたのが、セリアのインテリアウォールバーに穴を開けて、それを充電ステーションにすること。でも、充電器のコネクタ部分が通る穴を開けるのは、意外と手間がかかる…。

それなら、下の画像のように100均の木材をカットして、板やフォトフレームに、コネクタ部分の隙間を作って貼り付けるのはどうだろうか?

※イメージ

でも木材をカットして、ヤスリをかけるのもひと苦労だし、色を塗るならさらに大変…。結局、木材を使うのは手間がかかり、「簡単には作れない」と判断しました。

【試行錯誤②】バーベキュー網を加工して作る

バーベキューの網は、1cm間隔くらいで穴が開いているので、そこから充電器のコネクタ部分を通すことができる、と考えました。

さっそく網をニッパーで折り曲げて、棚を作ってみることに。L字だと安定しないので、コの字に折り曲げてみました。

ちょうど良いサイズにできましたが、1カ所折り曲げる途中で、金具部分が切れてしまいました…。

毎日使うには、手をケガしそうで危ないかも(汗)

好みの色を塗って、底辺になる部分にコネクタ部分の穴を開けたコルクシートを敷いて、壁にかけたら良さそうな気もしましたが、必ずうまく折り曲げられるわけでもないし、使っている途中で今のように壊れてしまう可能性もあるので、他の方法を考えることに。

【解決】隙間にコネクタを通せるボックスで作る

そこで見つけたのが、ダイソーのボックスです。カラー展開は、「チャコールグレー」「グレージュ」の2種類。

左:ダイソー「リモコンBOX(グレージュ)」220円 / 右:ダイソー「バスケット(グレージュ)」110円

サイズは、

  • リモコンBOX:19cm×12cm×12cm
  • バスケット:19cm×11cm×7cm

サイズに多少の誤差はありますが、横幅が同じなので、重ねても違和感なくすっきり!

上:リモコンBOX / 下:バスケット

今までケーブルボックスを置いていた場所に、4台のスマホをメインに、iPadやモバイルバッテリーも充電がなくなったときに使用したい、と思いました。

なので、コンセントが4個ついている電源タップを使用して充電器をつなげ、下のバスケットに横向きにして収めてみました(高さが大丈夫ならば、縦のまま収納した方が使いやすいかもしれません)。

電源タップのコードは、バスケットの横の隙間から通すことができました。

また、充電器のケーブルはリモコンBOXの底の隙間から通し、手前はAndroidとモバイルバッテリー用、奥はiPhoneとiPad用のコネクタを通しました。

なんと、iPadもぴったり!

最大4台のスマホなどがすっきり収まります。

1台は画像を撮るのに使用しているため、4台並べての画像はありませんが…

このように組み立てて、たった300円!すっきりした充電ステーションが完成しました!

欲しいものがあるときには、まず100均へ!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
SAKIさん

4児ママのライフオーガナイザーです。仕事と育児、家事をこなして自分時間ももてるよう、収納や家事を仕組み化し、快適な暮らしづくりを応援します。

SAKIさんの記事一覧 v-right