義母の言葉にカッチーン!

うちの義母さんは、とってもいい人なんだけれど孫と子どもの話になるとちょっぴり人格が変わっちゃうタイプのシニアガール。この件についても、ただただ孫が可哀想な思いするんじゃないか、という心配で電話をかけてきたのであろうよ。

ただねえ…。お金も出さず、手伝いもせずで口だけ出すのはノーサンキュー!

私だって、自分がこんな大食らいじゃなければパートなんてしたくないです。食費のせいでわが家はいつもほんのり赤字なんですよ…。でも、私の場合はパートをしようがしまいが家事のスキルが低クオリティなので、働きに出た方が皆の為になるとも思うんだよなあ。

この一件以来、ハッキリとは「働くな!」とは言わなくなった義母リンガル。

私はいつでも両手を広げているので、これからもお叱りの言葉ではなく、できたらおいしいオヤツや漬物、そして現金などを届けて欲しいな、と思っております。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
大盛のぞみさん
絵日記・漫画家

地味系パート主婦。旦那は1人に子どもは2人と猫4匹。揚げ物を食べることと、漫画をInstagramに投稿するのが趣味。年々つく脂肪とジルバを踊る30代半ばです。

大盛のぞみさんの記事一覧 v-right