まもなく迎えるバレンタイン。皆さん、お目当てのチョコレートは見つかっていますか? 本格的なシーズンを前に、コンビニ各社ではバレンタイン気分を盛り上げるチョコレート商品が勢ぞろいしています。パン、アイス、シュークリームとそれぞれ特色の違うチョコスイーツを3つ紹介します。

●ごろごろ入ったキューブチョコがおいしい! 「チョコのモッチケーキ」

出典:シティリビングWeb

ローソンから1月21日に発売されたのは「チョコのモッチケーキ」(150円)。もっちりとした生地にキューブ型のチョコレートをたっぷりと練り込み、クラッシュしたココアクッキーがトッピングされています。

出典:シティリビングWeb

一口食べると、生地の弾力に驚きます。しっとりと水分を含んでいながらも、ほどよいもっちり具合です。生地自体はほのかなチョコ風味ですが、ごろごろと入ったキューブチョコはミルキーでとろけるような甘さ。大きめなダイスサイズなので、板チョコをバリバリ食べるのが好きな人におすすめ。そこに、さらに歯応えが楽しいココアクッキーのサクサク感が重なっていきます。

キューブチョコの存在感のおかげで甘さたっぷりなので、ブラックコーヒーや無糖の紅茶とともに味わいたい一品です。なお、“ケーキ”という商品名ですが、スイーツコーナーではなくパンコーナーに売っているのでお間違いなく。

●アイスだけどケーキみたい! 「森永製菓 チョコ好きのためのブラウニーサンドアイス」

出典:シティリビングWeb

ファミリーマートからは「森永製菓 チョコ好きのためのブラウニーサンドアイス」(150円)が1月21日に新発売。チョコ好きは黙っていられない商品名ですよね。

出典:シティリビングWeb

カカオ風味のチョコブラウニーで生チョコソース入りのチョコアイスをサンドしたという、チョコレート感満載のアイス。このブラウニーがしっとり食感なので、アイスというよりもアイスケーキのような仕上がりです。カカオ感はそこまで強くなく、カカオ特有のビターな苦みよりもココアのようなふんわりとした香りと甘さがあります。

中に入っているひんやりアイスからは、たっぷり入った生チョコがとろっとこぼれます。この生チョコがまろやかで本当に美味! アイスなのに「しっとり」「ひんやり」「とろっ」の三重奏が味わえてぜいたく感のある一品です。

●まるでパティスリーの味! 「ざくざく食感 濃厚チョコシュー」

出典:シティリビングWeb

セブン-イレブンからは1月15日、「ざくざく食感 濃厚チョコシュー」(192円)が発売されました。クッキー生地をのせて焼いたシュー皮にさらにチョコレートをかけ、チョコレートクリームを詰めています。

出典:シティリビングWeb

商品名の通り、本当にシュー生地がざくざく! クリスピーのような食感でハイクオリティーな仕上がり。厚みもあるので、このシュー生地だけでも満足度が高いです。

中のチョコクリームはただ甘いだけでなく、かすかな酸味やほどよい苦みもあり、かなりカカオを意識した味になっています。濃厚だけど後味はすっきりとしているので、上質なチョコレートという感じ。パティスリーで売っていそうなシュークリームの味わいです。

いずれもお手頃価格なので、何度もリピートしたくなるものばかり。バレンタインまで待てないチョコ好きの人は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

(富士みやこ)

/ 2020.02.10