皆さまは『プチプラコスメ』ってお使いになったことがありますか?

私はイマイチ乗り気じゃなかったんです。プチプラメイクは若い子に許される特権みたいに感じていたから。

でも最近のプチプラコスメって超優秀らしいですね。美容通のお友達が大絶賛するダイソーUR GLAM(ユーアーグラム)のアイブロウを購入。10倍のお値段のドラッグストアアイブロウと比較してみました。ご覧ください〜

近所のダイソーに行ってみましたら、まさに店頭の目立つところにUR GLAMエリアがありました。

出典:リビングWeb

アイライナーやリップグロスなど、多くのコスメが。今回購入したのはこちら。

出典:リビングWeb

UR GLAM アイブロウパウダー 02ナチュラルブラウン 100円(税抜)

UR GLAM リキッドアイシャドウ コーラルピンク 100円(税抜)

今回はアイブロウ徹底比較です!

出典:リビングWeb

右は今まで使ってた、ドラッグストア購入のアイブロウ ¥1000+税。お値段ちょうど10倍です。中を開けてみます。

出典:リビングWeb

どちらにもミラーが付いており外出先での手直しに重宝しそう。色味もほぼ違いがありません。

出典:リビングWeb

ブラシが1000円アイブロウは柔らかく大きいブラシと小さく硬めのブラシの両側2種類であるのに対し、UR GLAMアイブロウは大きく硬めのブラシ片側1種類。見た目の違いはこのブラシのみといっても乱暴な表現ではないかも。

左右それぞれのアイブロウを使用して、同じ分量・書き方を心がけてメイクしてみました。

出典:リビングWeb

どちらがUR GLAMアイブロウだか、皆様わかりますでしょうか?

正解は…

じゃじゃ〜ん

こちらです!

出典:リビングWeb

アイブロウの粒子自体はUR GLAM・ドラッグストアアイブロウどちらもつけ心地はそう変わりませんでした。

ドラッグストアアイブロウは柔らかいブラシがあるので濃さを加減しながら描けるのに対し、UR GLAMは硬めブラシなので、眉のある皮膚に描いていくような感覚で描くと色が乗りすぎてしまいそう。眉毛にのせるような感覚で、少しずつのせていくのがポイントのようです。

柔らかめブラシがあれば便利ではありますが、描き方になれてしまえば硬いブラシでも失敗は少なそうですし、自宅に眉毛用ブラシがあるなら、今後買うのはUR GLAMで十分なのかも。少なくともお値段が10倍するほどの違いを見つけることはできませんでした。

なんてったって100円ですからね。心おきなく大人買いをして、メイクのお勉強をしてみてはいかがでしょう?

ぜひ試してみてくださいね。

UR GLAM

https://urglammakeup.com/product/580/

/ 2020.02.14