リビングにソファはマストでしょ!と思っていたのですが、巣ごもり生活中に思い切ってソファを処分してみました。代わりに導入したビーズクッションが思った以上にいい!その使い心地と選んだポイントを紹介します。

index目次

ソファをやめた理由

新型コロナウイルスの影響で全国一斉休校となり、とても長い春休みになりましたね。わが家は北海道住まい。感染者が多いことからいち早く2月下旬から一斉休校…もちろん幼稚園児のうちの子も休園に。

どこにも出かけられずおうちで遊ぶことが増えたため、おもちゃを出す機会も格段に増えました。

床に散乱するおもちゃたち…

家事の合間にひと息つこうとソファに座ると「バキッ!!」恐竜さんがいるのです。

「ソファにおもちゃを置かないで!」「おもちゃを片付けなさい!!」何度叱っても時間がたてばまた恐竜さんがソファにいます(泣)。

掃除をすればソファの下からおもちゃがゴロゴロ。これはソファをなくせば解決するのでは?と思ったのです。

ビーズクッションを比較

ソファをなくしてもリラックススペースは確保したい。そこでビーズクッションを迎えようと考えました。いろいろと見てまわり調べた結果、わが家ではこちらの4つが最終候補に!

Yogibo(ヨギボー)「Yogibo Mini(ヨギボーミニ)」

  • サイズ:約95cm×約65cm
  • 重さ:約4.5kg
  • 価格 :15,800円(税別)

ソファカバーのカラバリが豊富な17種類、カバー込みの商品、座った感覚はかなり沈み込む感じ…寝たときに包み込まれるようなフィット感が心地良いです。

U字クッションの「Yogibo support」と組み合わせると廃人確定(笑)。定期的に10%offのセールを開催しているようです。ビーズの補充が可能。

無印良品「体にフィットするソファ」

  • サイズ:幅65cm×奥行65cm×高さ43cm
  • 重さ:6kg
  • 価格:9990円(税込)

カバーが別売りで2990~4990円(税込)で購入できます。ヨギボーの座り心地とは異なり、こちらは沈んでからしっかりと固定される感覚。

カバーにストレッチ面と帆布素材の2種類を使っているため、好みの面で座ることが可能。ストレッチ面に座ると沈み込む感覚(ヨギボーほどのフィット感はない)

帆布面はほぼ沈まず硬いので、座って作業をするときなどに向いているかなと思います。ビーズの補充は不可。

ニトリ「ビーズソファ 大 本体(Nストレッチ)」

  • サイズ:幅65cm×奥行65cm×高さ45cm
  • 重さ:約6kg
  • 価格:8147円(税込)

こちらもカバーが別売りで2027円~2990円(税込)で購入できます。大きさ、重さはほぼ無印良品のものと同じですが、見た目が全く違います。

無印良品が「パンパン」だとしたら、ニトリはカバーにゆとりがある感じ。座り心地、寝心地ともにフィット感はそれほどなく、座って作業をするとき専用になりそう。

別売りのカバーの種類が豊富です。ビーズの補充が可能。

ハナロロ「オニオン 80L ニットカバーセット」

  • サイズ:幅63cm×奥行63cm×高さ30cm
  • 重さ:約2.2kg
  • 価格:6980円(税込)

こちらは楽天市場で見つけたネットショップ「ハナロロ クッション・ソファの店」のものです。ニットカバーがセットになっていてこのお値段はかなりお買い得!

名前の通り、オニオンのような丸くコロンとした形がとってもかわいくデザイン性は断トツ!インスタグラマーさんがコラボした商品なのだそうで、そのかわいさに納得しました。

レビューは高評価ですが、実店舗がないので試してみることができません。現在は北海道も送料無料と表示されていますが、わたしが見たとき(2020年3月上旬)は送料が4000円でした。ビーズの補充は可能。

わが家がお迎えしたものはこちら

いろいろと考えた末にわが家ではこちらに決定!

右:無印良品「体にフィットするソファ」、左:ニトリ「ミニビーズクッション 本体(ストレッチ2)」

無印良品「体にフィットするソファ」ニトリのミニビーズクッションにしました。

実際に座ってみて、寝るならヨギボー、座るなら無印!という二択になったのですが、わが家では寝るよりも座ることの方が多いのでメインのビーズクッションは無印のものにしました。

そして、座るだけではなくゴロゴロできるように、ニトリのミニビーズクッションをオットマン代わりに購入しました。こちらのサイズは、幅40cm×奥行40cm×高さ27cm、価格も2027円(税込)とお手頃でした。

オニオンソファもかわいくて気になっていたのですが、北海道だからなのか送料が高いことがネックでした。現在は送料無料になっていたので、今後もしかしたら購入するかもしれません。

ソファがなくなったメリット

実際にソファがなくなった生活を始めてみてメリットデメリットがありました。

メリット

  • くつろぎスペースができた
  • ビーズクッションにおもちゃを置かれても振り落とされる(笑)
  • 掃除の際にソファを動かさなくていいのでとても楽
  • ソファでスペースをとっていた分、子どもが遊べるスペースが増えた
  • 圧迫感がなくなり部屋が広く感じられるようになった
  • くつろぎスペースを気軽に移動させられる

デメリット

  • 実用的だけどインテリア的にはあまり…
  • 家族分ないと取り合いになる
  • ダメ人間になる(笑)

メリット、デメリットを見てみても子育て中はソファがない方が楽かなと思います。思い切ってソファを手放して良かった!というのが正直な感想です。

最後になりますが、人をダメにするソファは人だけでなく…

猫もダメにします(笑)。

ニトリのミニビーズクッションは完全にこの子のものになりました。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
asuka__naさん

6歳(年長)の男の子、黒ねこ、うさぎのママをしています。100均とホームセンター巡りが趣味で、夫婦でDIYしながら家族がくつろげるお家作りをしています。

asuka__naさんの記事一覧 v-right