次女ちゃんのオリジナルの遊びに母困惑

2歳半になる次女の最近のお気に入りが「母の拳を赤ちゃんに見立てて、お世話をする」という遊びです。ふとしたときに「赤ちゃ~ん、来てくださ~い」と呼ばれます。

外出中も家にいても突然始まるこの遊び。母としては、拳を「うんうん」とうなづかせてみたり、パクパクとリンゴを食べる仕草をしてみたり…だけでいいので、とにかく楽。笑

ですが、ただの拳に「赤ちゃん~♡」とうっとりとした顔で話かけ続けたり、頰ずりをしたりする次女ちゃんをみていると、どこか切ない気持ちになる母です。

他にかわいいお人形はたくさんあるのだからそっちはどうかしら…と今日も次女ちゃんを見つめております。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
すずきあやさん
絵日記・漫画家

女の子ふたり(2015・2017生まれ)のママです。絵を描くことや物作り全般が大好き。子育ての合間に、時間を見つけてはちびちび制作しています。

すずきあやさんの記事一覧 v-right