今回は、小さなお子さんから年配の方まで、家族みんなで一緒に味わうことができる「クラムチャウダー」レシピをお届けします。おうち時間が増えた今だからこそ、簡単・おいしい・栄養満点レシピでからだと心を大満足させたいですね。

index目次

子育て中のママ・パパや、遅くに仕事から帰って家で料理する人の負担を少しでも軽くしたい

この思いがベースで、どんなテーマが良いかなぁ。といつも考えながらテーマを決めたり、記事を執筆したりしています。

おうちごはんがもっと気楽に作れて、それでいてきちんとおいしければ、からだも心もしっかり休まると思うからです。

何を隠そう、私も子育てをしながら仕事をしているので、家族の健康を願いながら毎日食事を作り続けるのにどれだけのパワーが必要かはよくよくわかります。

シンプルな調理で肉や魚、たっぷりの野菜がとれる具だくさんなスープは、料理にあまり時間がかけられない子育て中のママ・パパに本当におすすめです。

今回は、アサリとベーコン、そしてたっぷりの野菜が一皿でとれるクラムチャウダーレシピと、残ったスープとパンを使ったアレンジレシピ、パングラタンを紹介します。

スープの魅力

  1. 調理がシンプルです。切って煮るだけ、炒めて煮るだけ…と、とっても簡単です
  2. 作り置きできるところもうれしいポイントです。すき間時間で作っておけば、すぐに食事にできます。しかも翌日になると味がなじんでまたおいしくなります
  3. 子どもがいると、どうしてもお子さまメニューに偏りがち。スープなら乳児から大人やお年寄りまで、みんながおいしく食べることができます
  4. 離乳食としてもスープは理想的です。わざわざ離乳食を作らなくても、スープならそのままで離乳食になります。スープにご飯を入れると、ほどよいとろみがついて食べやすくなります
  5. スープが残ったら、パンやご飯、パスタなどをプラスして、別の一皿として楽しむことができます。子どもが好きなグラタンやパスタもあっという間に完成です

クラムチャウダーレシピ

旨味の大黒柱・アサリのだしと野菜の甘さがおいしい人気のスープです。ベーコンを少し入れることで味に深みが出て、よりおいしさが増します。すっきりした味にしたいときはコンソメを入れずに作ります。

優しい旨味と舌触りにほっこり癒やされます。

材料

  • アサリ(殻付き)…400g
  • タマネギ…1個
  • ニンジン…小1本
  • カボチャ(ジャガイモでもオッケー)…80g
  • ベーコン…50g
  • バター…30g
  • 薄力粉…大さじ3
  • 水…600ml
  • コンソメスープの素(顆粒)…小さじ1~2
  • 牛乳…350ml
  • 塩…少々
  • コショウ…少々

作り方

  1. アサリは塩水につけて砂抜きをする(砂抜きの方法は下記を参照ください)。タマネギ、ニンジン、カボチャは1cm角に切る。ベーコンは1cm幅に切る
  2. 鍋にバターとタマネギ、ニンジン、ベーコンを入れ、中火で炒める
  3. タマネギがしんなりしてきたらごく弱火にして10分炒め、薄力粉を加えて粉気がなくなるまで炒める
  4. 分量の水とアサリ、カボチャを加え、沸騰したらコンソメを加えて5分煮込む
  5. 牛乳を入れて一煮立ちしたら、塩、コショウで味を調える。器に盛り、お好みでパセリのみじん切りをふる

アサリの砂抜き方法

アサリは購入したらすぐに砂抜きをするのがおすすめです。砂抜きの方法は簡単!300gのアサリに対して、水200cc、塩小さじ1を混ぜて作った塩水を使います。

アサリをフタつきの容器に重ならないように入れて、作った塩水に2時間ほど漬け置きします(夏場は冷蔵庫内で、冬場は冷暗所で大丈夫です)。塩水の量が多すぎない方が、よく砂を吐き出します。

買ってきてすぐに冷蔵庫で砂抜きをしておけば、上記の写真のように翌日も元気に水を吐き出しています。調理するギリギリまで、食材にできるだけストレスをかけない状態を保つと、より素材の良さが引き出されて旨味が増します。

お鍋にスープがあると、とっても安心

子育てをしながら、仕事をしている私にとって、お鍋にスープがあると、とても安心です。ご飯やパンと合わせとりあえず食事にできるし、スープを食べると心もほっとくつろぎます。

一晩おくと、味がなじんで「昨日よりおいしいやん!」と、びっくりするスープもあります。それだけではなく、スープはご飯やパン、パスタを加えるだけで新しい料理に生まれ変わります。

最後に、残ったクラムチャウダーにパンをプラスして作るクラムチャウダーのパングラタンを紹介します。本当に簡単!ぜひお試しください。

クラムチャウダーのパングラタン

耐熱皿に、適度な大きさにカットした食パン(またはバケット)を敷き詰める。その上に小鍋で温めたクラムチャウダーを適量かけます。

ピザ用チーズを好きなだけのせ、オーブントースターで焼き、チーズがとろければ出来あがり!

アレンジ次第で楽しみ広がる、笑顔広がる

今回は、残ったスープをパングラタンにしましたが、残りごはんとスープを使うとドリアができます。ソテーした白煮魚のソースとして使ったり、パスタと和えるのも◎。

まだまだいろいろな楽しみ方を探っていこうと思います。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

小学生の娘と夫と3人暮らし。
料理家・ハンドクラフト作家・ライターとして活動中です。
2021年2月に大阪・天王寺にcotonaコーヒーをオープン。
子育て中の日々の暮らしや、おすすめのイベント情報などをInstagramやfacebookにて公開中です。こちらもぜひ覗いてみてください。

ぷっちょさんの記事一覧 v-right