SNS上では「台湾パイナップルを食べよう」という支援の輪が広がっていますね。今回は、今話題のパイナップルで作る「ハワイアン春巻き」のレシピを紹介します。子どもが好きな味ですが、お酒のおつまみにも最適ですよ。

index目次


甘くてみずみずしいパイナップル。年間を通して流通していますが、国産や台湾産の旬は4月下旬から夏にかけて。まさにこれから、特に多く出回る時期です。

台湾パイナップルを食べよう

台湾から輸出されるパイナップルは9割が中国向けでした。しかし2021年3月から輸出停止となり、生産農家への打撃は避けられない情勢に。

中国の禁輸措置の発表に、台湾内のみならず諸外国も支援に動き出し、日本でも大手スーパーが取扱量を大幅に増やしました。SNS上では「台湾パイナップルを食べよう」という支援の輪が広がっていますね。

パイナップルはおいしいだけじゃない!栄養素は?

甘くてジューシー、芳醇な香りのパイナップル。実は栄養が豊富な果物なのです。ビタミンB1をはじめ、ビタミンA、ビタミンCが多く含まれていて美肌効果も期待できます。

特に含有量の多いビタミンB1は新陳代謝を促し、疲労を回復させる働きがあります。また食物繊維も豊富で便秘の予防や解消にも◎。

「ハワイアン春巻き」の作り方

今回紹介するのはパイナップルが入った春巻きです。揚げるのではなく、少ない油で揚げ焼きにします。食材の目安に分量を入れていますが、お好みの量でOK!ざっくり目分量でもおいしくできちゃいますよ♪

「ハワイアン春巻き」(4人分)

  • パイナップル…160g
  • ハム…4枚
  • ピザ用チーズ…120~160g
  • 春巻きの皮…8枚
  • 米油またはサラダ油…大さじ4
    オーロラソース

  • マヨネーズ…15g
  • ケチャップ…5g
  • ウスターソース…2g(小さじ1/3)

作り方

  1. パイナップルは皮をむき食べやすい大きさに切る
    ※子どもには7mm~1cm角くらいが食べやすいと思います
  2. ハムは1本につき1/2枚を目安に食べやすい大きさに切り、オーロラソースの材料は混ぜておく
  3. 春巻きの皮を広げやや手前にオーロラソース、ハム、パイナップル、ピザ用チーズの順にのせ、しっかり巻く

  4. フライパンに油を入れ3の巻き終わりを下にして焼き、こんがり焼き色が付いたら裏返す


ソースはケチャップだけ、マヨネーズだけでもOK!わが家ではオーロラソースが好評でした。

なぜハワイアン?

みなさんはハワイアンピザをご存じですか?ピザ生地にトマトソース、ハムやベーコン、パイナップル、チーズをのせて焼いたものです。このピザのハワイアンという名前は、そのとき使用した缶詰のパイナップルのブランドにちなんで名づけられたらしいです。

具材がハワイアンピザと同じなので、「ハワイアン春巻き」と名付けました。子どもが好きな味の春巻きですが、お酒のおつまみにも最適です!

子どもと一緒に具材をのせたり巻いたり、楽しく作ってみてください♪

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
田村佳奈子さん

フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリスト Web、雑誌、ドラマなどのレシピ開発やスタイリング、フードコーディネーターとして活動中。

田村佳奈子さんの記事一覧 v-right