全国的に早い梅雨入りとなった2021年。梅雨の季節は家の中で過ごすことが多くなりますね。子どもと一緒に季節感を味わえる、0歳から楽しめる雨の絵本を集めました。お子さんと一緒に読んで雨の日を楽しく過ごしてくださいね。

index目次

梅雨をおうちで楽しもう!

梅雨はだいたい45日程度続くと言われています。公園などで外遊びできない日が続きますが、梅雨の時期でも子どもたちの好奇心はいっぱい。カエルやカタツムリ、子どもたちに親しみのあるカサや長ぐつなど、身近なものが主人公になった絵本で、お家の中でも親子で楽しく過ごしましょう。

0歳から親子で楽しめる雨の絵本

0歳の赤ちゃんも楽しめる、色遣いが素敵な絵本はこちら。

1.あめかな!

 

U.G.サトー (文,絵)/福音館書店

水彩絵の具を流したような素朴な表現で雨を描いた絵本。視力がまだ発達段階の赤ちゃんには、ひょっとしたら雨はこんな風に見えているのかもしれませんね。

Amazonで見る

2.あめあめぱらん


木坂涼(文),松成真理子(絵)/のら書店

こちらも優しい水彩画で描かれたかわいい絵本。詩のような読みやすい文が連想ゲームのように続き、読んでいて楽しい気持ちになれますよ。

Amazonで見る

子どもたちが大好きな長ぐつや傘が活躍する絵本

大人だってステキな傘やレインシューズには心がときめくもの。子どもたちも、そんな傘や長靴が大好きですよね。

3.とこちゃんのながぐつ


かとうまふみ(作,絵)/学研プラス

たくさんのカラフルな靴たちが出てきます。長靴も外の靴のようにお出かけをしたいけど雨が降らなくて…。長靴を履いてお出かけするのが待ち遠しくなるかも。

Amazonで見る

4.ぴっつんつん

 

武鹿 悦子(作),もろかおり(絵),後路 好章(構成)/くもん出版

「ぴっつん。ぴっつん。ぴっつんつん」雨の音。色鉛筆で描いたかわいいキャラクターが大勢いるページはとても楽しい気持ちに。擬音をリズミカルに読んでみたら、大人もウキウキしてきちゃうかも。

Amazonで見る

雨といえばやっぱり!カエルやかたつむりの絵本

梅雨の時期のヒーロー!?カエルやカタツムリはいつだって子どもの人気者ですよね。この時期を代表する生き物の絵本です。

5.カエルのおんがくたい


刀根 里衣(文,絵)/小学館

絵の色使いが美しくかわいいカエルがたくさん!紫陽花や虹、梅雨の時期にも楽しみがたくさんあることを教えてくれます。

Amazonで見る

6.かたつむりののんちゃん


高家 博成,仲川 道子(作)/童心社

人間は雨の日は家の中にいますが、草葉の陰に住んでいるカタツムリは雨の日にこんな過ごし方をしているのかも…!?かわいいかたつむり「のんちゃん」の1日をそっと覗いてみてください。

Amazonで見る

7.999ひきのきょうだい


木村 研(文),村上 康成(絵)/ひさかたチャイルド

春、カエルのお母さんが産んだ卵は999個、でも一個だけお寝坊している卵があって…。999匹のきょうだいたちのにぎやかで楽しい一冊です。

Amazonで見る

動物たちって、雨の日はどうしてる?

「雨が降ったら、動物たちは何をしているのかな?」絵本を読みながら、そんなことを想像して遊ぶのはいかが?

8.あめのひのころわん


間所 ひさこ(文),黒井 健(絵)/ひさかたチャイルド

雨の日でも,犬のころわんはお外で遊びまわって元気いっぱい。だけどおかあさんからは「ハクションがくるよ!」と言われて…。心がホッとして、優しい気持ちになれる一冊です。

Amazonで見る

9.ぞうくんのあめふりさんぽ


なかのひろたか(文,絵)/福音館書店

雨の日でもぞうくんはご機嫌!散歩に出たら次々と動物の友だちに出会っていき…。雨の日でも動物たちはこんな風に遊び方を知っているのかもしれませんね!

Amazonで見る

10.あめふりくまのこ


鶴見 正夫(詩),高見 八重子(絵)/ひさかたチャイルド

幼稚園、保育園でよく歌われ、一度は耳にしたことのある「あめふりくまのこ」が絵本になりました。優しい気持ちで歌いながら読んだら、ゆったり笑顔で過ごせそう。

Amazonで見る

雨の日でも、お家の中でステキなひとときを楽しんで!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぎゅってWeb編集部さん

のんびりさんが集まる編集部。働くママの毎日をもっと楽しく、ちょっとラクに。そんな情報を朝・昼・晩とお届けします。

ぎゅってWeb編集部さんの記事一覧 v-right