夕食で余った生野菜のサラダを上手にリメイクしませんか?サラダをごはんと海苔で包んでしまえば、腹持ちのいい海苔巻ができます。切り方ひとつでオシャレなサラダキムパの完成です!

味付けはゴマ油、韓国キムパ(海苔巻)を作ってみませんか?

日本の海苔巻は酢飯を使うのに対し、韓国ではゴマ油で味付けをします。今回は、余ったサラダを入れて作ります。具材は冷蔵庫にある素材でOK。チーズやたくあんなど入れてもおいしいですよ!

材料 1人分
ごはん
140g(ごはん1膳分)
ゴマ油
大さじ1
小さじ1/2弱
焼きのり
1枚
サラダ
適量
玉子焼き
1個分を適量
魚肉ソーセージ
4等分したものを1本と半分
カニカマ
3本
アボカド
適量
炒りゴマ
適量
マヨネーズ
適量

作り方
所要時間20
STEP1
ごはんにゴマ油と塩を入れ、混ぜます
STEP2
巻きすは100均で売っているプラスチックの巻きすを使用(巻きすが無くてもラップで巻けます)。海苔の置き方があるので、写真を参考に
巻きす、ラップ、焼きのりの順に置き、ごはんを広げる。上4cm残す
STEP3
ゴマをまぶす
STEP4
海苔とごはんだけをひっくり返す
葉物野菜から置いていき、マヨネーズをかける
STEP5
4の上に残りの具材を置く
STEP6
下に敷いてあるラップの余りを具材にかけ(手と巻きすが汚れないため)、巻きすで中に具材を押し込みながら巻いていく(ラップを具材と一緒に巻かないように注意)※写真は片方の手でカメラを持っているため、片手しか映っていません。両手でしっかり巻いてください
巻き終わったら、押しながら形を整える
STEP7
ラップに巻いたまま包丁で切る。最初に真ん中を半分に切る
切った半分を斜めに切る
4等分にきります
ラップを外して、盛り付けたら完成。ラップは外さずに、盛り付けても良いです

海苔の余白を残すことでバイカラ-に

海苔が内側、ごはんが外側で巻くことを「裏巻き」といいます。今回は海苔とごはんを表に出したかったので、海苔の余白を作りました。

切り方一つでオシャレに盛り付けでき、包丁の切込み回数も少ないでの、断面もきれいに切れます。中に入れる具材を少なくすれば、子どもでも簡単に巻けます。巻きすがない場合は、ラップをおさえながら巻くこともできます。切らずに、そのままかぶりついてもおいしいですよ!!

この記事を書いたライター

ライター一覧
nonchyさん

二人の子どもを持つ働くママです。子ども達の身長を伸ばす為、バランスの良い食事を毎日心がけています。ワインソムリエの資格取得をめざしています。

nonchyさんの記事一覧