子どもとの時間も大切にしながら、上手に自分の時間を作っているぎゅってブロガーの声を紹介します。ぎゅってWebのブログもぜひ、チェックしてくださいね。

【あわせて読みたい】
▶(前半)疲れ・ストレスをためずハッピーに。積極的”息抜き”のすすめ

~私の時産術Case.1~

Blogger

ママとこどものおくすりやさん[薬剤師]

夫・4歳・1歳の女の子の4人家族

▶ママとこどものおくすりやさんのブログはコチラ

この春、育休復帰。こだわりを見直し諦めることを決めたら平日にゆとりが

1人目のときは17:30に帰宅し、イチから夕食を作っていましたが、子どもが2人いると毎日バタバタ。そこで3つのことを諦めて自分時間を確保しました。

その1.朝、洗濯物を外に干すこと

全自動洗濯乾燥機があるにも関わらず、朝から外に干していたのですが、洗って干して取り込む時間は結構手間!今はもう外干しには戻れません。

天日干しの仕上がりが大好きだったのですが、全自動の仕上がりにも今は慣れて満足

その2.子どもたちが寝るまでスマホは見ない!

帰宅後スマホを手に取ると、本来確認しようと思っていたこと以外にも寄り道してしまうので、ここの時間をカット。

その3.夕飯をイチから作るのを諦めた

冷凍食品を積極活用、時間があるときに常備菜をつくりおき。毎日同じ副菜が並んでも気にしないことに。

食事作りに欠かせない冷凍の野菜食材は常備

私の息抜き

趣味のクレイフラワーをしたり、ドラマを見たりする時間が息抜きタイムです。

ブログではもっと詳しく紹介
▶子どもを8時半までに寝かせるために!2児母が復職して諦めた3つのこと

~私の時産術Case.2~

Blogger

うかたそさん[会社員]

夫・3歳女の子の3人家族

▶うかたそさんのブログはコチラ

スマホ時間のレコーディングダイエットと朝4:30起きにより趣味・勉強の時間を確保

私は割とスマホ依存症で、子どもと一緒のときもつい手が伸びてしまうことがあり、2021年の目標の一つに「脱スマホ」を掲げていました。そこでスマホの「スクリーンタイム」機能を使い、毎日のスマホ時間を記録。初めはなんと一日の平均が4時間というとんでもない結果だったのですが、意識することで今は2時間程度に。リバウンドしないよう我慢はしすぎない程度にしていますが、時間がない原因の一つはこれだったのかも?

はじめは平均4時間(!)だったのですが、今ではこんなに。スマホを見ている時間が見える化され、意識して減らすことができます

また、朝はとても苦手なのですが、自分の時間作りがモチベーションになり、4:30に起きれるようになりました。

ある映画をきっかけに興味を持ち始めたスペイン語は子どもが起きてくる前の早朝の時間で受講

私の息抜きタイム

趣味の語学学習とバランスボールエクササイズをオンラインで受講しています。母になってもやりたいことを諦めない、を大切にしたいと思っています。

ブログではもっと詳しく紹介
▶時間がない理由はスマホ!?スクリーンタイムのレコーディングダイエット

~私の時産術Case.3~

Blogger

りぃさん[パート&フリーランス]

夫・3歳女の子の3人家族

▶りぃさんのブログはコチラ

わが家は「ママパパ有給制」を導入。夜のこと、次の日のことは気にしない!

以前は専業主婦で、初めての子育てで大変だったときに体調を崩してしまったことがありました。その際、夫が「ママパパ有給制」を発案してくれました。あえて「有給」と呼んでいるのは、後ろめたさなく意識的に自分時間を作る・自分と向き合うきっかけを作るため。

お気に入りのパン屋で購入したスコーンは、お気に入りのお皿に載せてティータイム

短時間ではなくできれば2日以上連続がおすすめです。半日や一日単位にしてしまうと、夜のことを気にしてしまったり、翌日の家事を気にしてしまいますよね。それらはパートナーに任せて、その代わり相手の家事には見ざる・言わざる・聞かざるの精神が大切です。

パパと協力し合い、家の中での一人時間と外での一人時間を確保

私の息抜きタイム

息抜きはとてもささいなこと。昼までゴロゴロしたり(子どもはパパが担当)、家事のことはすっかり忘れ、娘と思い切り遊びに行くといったこともありました。パパは有給でギターを弾いたり、ゲームをしたり。ただ、コロナ禍での息抜きは、家族の時間をいかに穏やかに過ごすか?と考え楽しんでいます。

ブログではもっと詳しく紹介
▶自分時間をどう作る?わが家は「ママパパ有給制」を導入!

ほかにもいろいろ!ぎゅってブロガーたちの息抜き方法

▶運動?推し活?仕事に没頭?ママたちの息抜きの方法について教えて

積極的息抜きアイディア10

ワンパターンな過ごし方、スマホでだらだら、気付けば今日も終わり…をなくすために、息抜きのアイデアを紹介します!

  1. 甘いものとお茶でティーブレイク
  2. 休んでいた趣味を始めてみる
  3. SNSの流行に乗ってみる
  4. 自分磨きの勉強を始める
  5. おうちで一人カラオケ
  6. ガーデニング・花を飾る
  7. 夕食に“自分が好きなもの”を一品
  8. お風呂の入浴剤にこだわってみる
  9. 気持ちが上がるネットショッピング
  10. 深呼吸。これも息抜きです

まず息を吐き切る→鼻からゆっくり息を吸う→一瞬息を止める→倍の時間をかけて口からゆっくり息を吐く。体の緊張が緩まり、脱力する感覚を味わうことでリラックス効果が生まれます。

【あわせて読みたい】
▶(前半)疲れ・ストレスをためずハッピーに。積極的”息抜き”のすすめ

※この記事は、2021年9月発行の「ぎゅって10月号首都圏版」に掲載した記事を再編集したものです

イラスト/床山すずり