離乳食のおやきは、手づかみ食べが始まる離乳食中期(生後7~8カ月)頃におすすめです。野菜や魚など、子どもが苦手な食材もおやきにすると食べられる!ということも。娘に好評だった簡単レシピ3品や、おやきの保存方法について紹介します。

index目次


丸めて焼くだけなので、冷蔵庫の残り物でも作れるお手軽なお助けメニューでもある「おやき」。保存方法や簡単レシピを紹介します。毎日のごはん作りやお弁当の一品にも役立ちますよ。

おやきとは?

「おやき」は信州の郷土料理のひとつで、小麦粉と水から作る生地で野菜などを包んで焼いたお饅頭のようなもの。生地で具材を包むのではなく、具材を丸めておやき風に焼いたものも「おやき」と呼び、離乳食ではこの皮なしが主流です。皮なしは糖質を抑えられてヘルシー、しかも手軽に作れるので大人にも嬉しい一品ですね。

作りやすい食材はジャガイモ・サツマイモ・カボチャなどの芋類、ごはん・うどんなどの主食も最適です。そこにキャベツやニンジン、ホウレンソウなどの野菜や、しらす・ツナ・納豆・チーズ・青のりなど子どもに人気の食材を合わせます。

少しでも栄養があるものを食べてもらいたい親心としては、子どもが好きなものと苦手なものをミックスして食べてもらうのにもってこいの一品ですよ!

じゃがいもで作る「じゃがいもとツナのおやき」

シンプルながら間違いない組み合わせ。衣をつけて揚げればコロッケにもなる生地なので、多めに作り冷凍しておくのも便利です。まとまりが悪い場合は片栗粉を小さじ1ほど加えてみてくださいね。

材料

  • ジャガイモ…中1個
  • ノンオイルツナ…1/2缶
  • 青のり…少々
  • 塩…少々
  • 米油…小さじ1

作り方

  1. ジャガイモを柔らかく茹でる又は蒸し、ボウルに入れフォークなどで潰す
  2. 1にオイルを切ったツナ・青のり・塩を加えて混ぜ、4等分にして丸め小判型に形を整え、フライパンに油を入れて両面こんがり焼く

さつまいもで作る「サツマイモとレーズンのおやき」

フライパンで作る簡単スイートポテトのような一品。おやつにもおすすめの、ほんのり甘いおやきです。甘さはサツマイモの甘みだけなので、糖度の高いシルクスイートや安納芋がおすすめですよ。

レーズンが食べにくい場合は、粗みじん切りにしてくださいね。

材料

  • サツマイモ…中1本
  • レーズン…大さじ1
  • 片栗粉…小さじ1
  • バター…5g

作り方

  1. サツマイモを柔らかく茹でる又は蒸し、ボウルに入れフォークなどで潰す
  2. レーズンはひたひたのお湯(分量外)に10分ほど漬けて柔らかくなったら水気を拭き1に入れ、片栗粉も加えて混ぜ、4等分にして丸め小判型に形を整える

  3. フライパンにバターを入れて両面こんがり焼く

ご飯で作る「キャベツと納豆チーズのおやき」

最後は娘に好評だった、ご飯で作るおやき。ポイントは、つなぎの片栗粉や小麦粉を入れていないので、その分、生地を練るように混ぜ合わせること。とは言え、チーズが溶けて何となく固まってくれるのでざっくりでOKですよ!

ご飯は軟飯でも大丈夫なので、離乳食の進み具合やお子さんの好みに合わせて選んでくださいね。キャベツが苦手な娘がパクパク食べてくれたおすすめの組み合わせです。海苔を巻くのもおすすめ。

お子さんに合わせて海苔の大きさを調整してくださいね。

材料

  • キャベツ(粗みじん切り)…50g
  • 納豆…1/2パック
  • ピザ用チーズ…15g
  • 冷ご飯…50g
  • かつお節…3g
  • 水…小さじ1
  • しょうゆ…少々
  • ごま油又は米油…小さじ1

作り方

  1. 耐熱ボウルにキャベツ、かつお節、水を入れてふんわりラップをし、600Wで2~3分加熱する
  2. 1に納豆、チーズ、ご飯、しょうゆを入れてゴムベラで練るように混ぜ合わせ、4等分にして丸め形を整え、フライパンに油を入れて両面こんがり焼く
    チーズが焦げやすいので気をつけましょう

冷凍保存はできる?

今回ご紹介したレシピの食材はすべて冷凍可能です。レシピは作りやすい分量ですが、ひとつだけ食べて残りをひとつずつ小分けにしてラップで包んで冷凍するも良し、多めに作ってまとめて冷凍しておくのも良し。

おやきは常備しておくと便利な一品です。離乳食の冷凍保存は1週間を目安に、早めに食べきりましょう。

まとめ

離乳食のおやきは手づかみで食べるのに最適。はじめは小さく食べ切れるサイズにして、子どもが完食できた達成感を味わってもらえるようにしてあげると、より食が進みます。いろんな食材を組み合わせて、見た目や味も楽しめるといいですね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
田村佳奈子さん

フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリスト Web、雑誌、ドラマなどのレシピ開発やスタイリング、フードコーディネーターとして活動中。

田村佳奈子さんの記事一覧 v-right