明日はわが身!? 子どものやけどに気をつけよう!

お姉ちゃんの火傷騒動がまだホットな5人きょうだいですが、このたび4歳さんが大やけどを負いました。ポットからお湯を注ごうとしている器に、まさか指を入れようとするなんて……!子どもの行動は本当に先が読めません。

響き渡る泣き声。病院は日曜で閉まっているし、連れて行くにしてもボウルに入れた氷水が必要と言われ途方にくれる始末。気を紛らわすためにおんぶして散歩するも、少し止まったら「とまらないであるいて!」とまるで赤ちゃん返り。揺れていないと痛さを紛らわせられないようです。

数日かかり、今では傷もすっかりきれいになりましたが、子どものやけどはなかなか大変だなと身にしみました。あれ以来、お湯はテーブルではなく少し高さのあるシンクの方で入れるようになった我々なのでした。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かんべみのりさん
絵日記・漫画家

MBA漫画家。著書に「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」など。6歳3歳姉妹のママ。手帳・連絡帳の育児日記を毎日Instagramにて更新中。

かんべみのりさんの記事一覧 v-right