平日は、なかなか掃除をする時間がない。けれど、子どものためにも自分がスッキリした気持ちでいられるためにも、キレイにしておきたい… そこで、働くママたちが実践している、時短お掃除テクを聞いてみました。3つの秘訣があるようです。その内容とは?

「ついでに掃除」で、いつも清潔に

お風呂に入った「ついでに」、トイレに入った「ついでに」と、毎日繰り返す動作に掃除のひと手間を足すママが多数。これなら「掃除するゾ!」と身構えなくて済むので、ストレスにならないですね。

毎日のルーチンの中に組み込む

  • 掃除をするタイミングは、何かをしている「ついで」です。例えば、歯磨きをしているついでに洗面所の鏡や洗面台を拭いたり、トイレに入ったついでに便器を掃除したりと、掃除のための時間を作るのではなく、日常で行う必要な作業の「ついで」に行うことで手間が省け、時短になります。
  • 私の場合、お風呂掃除はお風呂に入ったついでにしています。水場はどうしても水垢が付きやすいので、お風呂の水を抜いて掃除をし、排水溝の髪の毛を除去します。最後に体を拭いたタオルでさっと水気を拭きます。こうする事により、カビ対策も可能です。
  • 複数のハタキを用意してリビングやキッチンなどに置いておけば、天井のホコリが目に付いた時にすぐ取り除けます。天井から落ちるホコリの量が減りますから、床の掃除が楽になります。ホコリを吸着させるタイプが便利です。

ハイハイのついでに…!?

  • 息子がズリバイをマスターし、部屋中を動き回るようになりました。我が家には飼い犬もおり、抜け毛やおもらしなどの衛生上の不安がありました。そこで、私がウェットシートとモップを手に装着し、息子にハイハイを見せて動き回れば床掃除もハイハイの練習も同時にできるのではないかと閃きました。結果、部屋も綺麗になり、ハイハイも少しずつ形になってきました。
  • 赤ちゃんがまだ小さいので、家事だけに集中していると、寂しくなった赤ちゃんがぐずって中断が多くなります。そこで、赤ちゃんとハイハイしながら短いローラーで床の埃を取ったり、洗濯物で「いないいないばあ」をしながら干したりと、あえて遊びと家事を同時進行でやっています。気が付いた時には家事が終わっています。

〇曜日「だけ」、〇分「だけ」とルール化

「やらなきゃいけない」と思うと気が重くなってしまうけど、「火曜は台所だけやればいい」「3分間だけやればいい」と思うと、終わりが見えるから重い腰も上がられそう!ルールを決めて家族全員で取り組みたいですね。

「~だけ」というマイルールを作る

  • 家のどこか1カ所を「3分間だけ掃除する」ことを日課にしています。気になる点だけサッと片付けておしまい、完璧にやる必要ナシというお手軽なものです。それでも毎日続けると家の中がスッキリした感じでキープできますし、本格的な掃除をする際の時短にもなります。
  • 火曜日は火のもとの周り(キッチン回り)の掃除、水曜日は水回りの掃除というように、徹底的に掃除をする箇所を曜日で分けていることです。「毎日、全ての箇所をきれいにしよう」と思うと大変ですが、曜日で分けていると意外と頑張れるものです。

「~の前に」。予防こそが大事

本格的に汚れてしまう前に、こまめに掃除をするという意見が多数。「頑固な汚れ > 億劫でなかなかキレイにしない > もっと汚れる」という負のスパイラルに陥る前に予防しましょう。

カビが生える前に

  • 億劫なお風呂掃除は、頑固汚れが発生する前にサッと掃除します。浴室はバイオや煙タイプのカビ防止剤であらかじめカビが生えにくい環境に。それでもピンク汚れや黒カビを発見したら、ピンポイントでシュッとカビ取り剤をスプレーします。
    風呂中にカビが生える前に対策をとるのがポイント。排水溝の髪の毛は、可燃ごみの日に他のごみと一緒に捨てると決めれば、ゴミがたまることがありません。

整理整頓が大事

  • 月並みかもしれませんが、普段からなるべく床に置く物を増やさないように生活しています。そうしておくと、掃除機をかけるのも楽です。他の家族が物をたくさん持つのが好きなので時々うまくいかないこともありますが、物が多い時に比べて掃除がとても早く終わるようになりました。

気になる所だけ掃除して、キレイさをキープ

  • 「少しゴミがあるけど掃除機を出すのは面倒だなぁ」という時ってありますよね。けれど放置しているといつの間にか家中に散らばってしまいます。
    そうならないために私がしている方法は、よくゴミが落ちてしまう場所に掃除道具を置いておくことです。絨毯を敷いたリビングには粘着ローラー、よく髪の毛が落ちる洗面所にはほうきなどをすぐに使える状態で置いておけば、気になるところだけ簡単に掃除できます。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぎゅってWeb編集部さん

のんびりさんが集まる編集部。働くママの毎日をもっと楽しく、ちょっとラクに。そんな情報を朝・昼・晩とお届けします。

ぎゅってWeb編集部さんの記事一覧 v-right