親子で楽しめる全国の工場見学を紹介します。最近ではVRを使用した施設も登場!ステキなお土産やできたての試食、体験なども楽しみのひとつですね。2024年にオープンした施設や見学を再開した工場もありますので、ぜひチェックしてみてください。

index目次

【東京都千代田区】YKK「ものづくり館byYKK」

ファスナーやボタンのメーカーで有名なYKKの「ものづくり館 by YKK」では、ファスナーの歴史やしくみ、種類などを紹介する展示が無料で見学できて、ワークショップも定期的に行われています。

今回は、小さな子どもでも体験できるものづくり体験「ファスナーストラップ」作りの様子を紹介しています。蓄光素材を使うので、光るアイテムが好きな子どもはよろこんでくれそう♪ ※要予約

詳しくはこちら:予約は?費用は?300円からワークショップが楽しめる「ものづくり館byYKK」

【東京都葛飾区】北星鉛筆「東京ペンシルラボ」

昭和26年設立の鉛筆メーカー・北星鉛筆の鉛筆資料館「東京ペンシルラボ(TOKYO PENCIL LAB.)」では、鉛筆の歴史や製造方法などのたくさんの資料を見ることができ、工場見学もできます。また、製造工程で生まれるおがくずをリサイクルした木のねんどや木彩画絵の具によるワークショップなども開催しています。

「鉛筆の供養」として、短くなった鉛筆5本を持っていくと、オリジナル鉛筆を1本もらえますよ。 ※要予約

詳しくはこちら:短くなった鉛筆5本を新品1本に交換!北星鉛筆の工場見学「東京ペンシルラボ」

【東京都八王子市】株式会社島田電機製作所「OSEBA」

株式会社島田電機製作所は、普段なにげなく押しているエレベーターのボタンや到着灯などを設計・製作する会社です。日本一予約が取れないと言われる人気の工場見学は現在休止中なのですが、今回新たに、世界初の「押す」をテーマにした遊び空間「OSEBA」が、2024年7月1日(月)にオープンしました。

工場見学でも1番人気だった「1000のボタン」を始めとした5つの遊ぶコンテンツに加え、ものづくりの歴史や代表作を見ることができます。「ボタンを押す」という行為が好きな子どもにはぴったりの空間です。 ※要予約

詳しくはこちら:世界初!押すをテーマにした遊び空間「OSEBA」が2024年7月1日(月)にOPEN
体験レポートはこちら:超人気工場見学スポットがリニューアル!「OSEBA(オセバ)」の魅力や予約方法

【千葉県・京都府・佐賀県】石井食品

50周年を迎えた「イシイのおべんとクン ミートボール」で有名な石井食品。コロナ禍で休止していた、千葉県・京都府・佐賀県の全国3カ所で行われていた工場見学が、4年振りに本格再開されました!

見学では、ミートボールの原材料からできあがりまでを見て・触って学べるほか、できたてミートボールを試食できるのだそう。 ※要予約(抽選)

詳しくはこちら:できたてミートボールの試食も。約4年振りに石井食品の工場見学が再開しました!

【茨城県・兵庫県】森永乳業

森永乳業では、2023年から茨城県常総市の利根工場で一般の工場見学ができるようになりました。利根工場では、ビフィズス菌BB536の働きの様子を楽しみながら学べる展示やクイズ、直線80mのヨーグルトの製造工程を見ることができます。兵庫県・神戸工場でも、内容は違いますが見学を行っているので、ホームページをチェックしてみてくださいね。 ※要予約

詳しくはこちら:一般向け工場見学をスタートした「森永乳業利根工場」へ行ってきました!

【茨城県守谷市】明治「明治なるほどファクトリー守谷」

「明治なるほどファクトリー守谷」では、牛乳・乳製品のことや、乳酸菌の働きなどを楽しみながら学ぶことができ、いろいろなヨーグルトの製造ラインを見学できます。館内には商品をモチーフにした撮影スポットが充実していて、巨大ヨーグルトや顔はめパネルなど、フォトジェニックなアイテムがたくさん! ※要予約

詳しくはこちら:フォトジェニックな空間も楽しめる工場見学「明治なるほどファクトリー守谷」

【群馬県館林市】ブルドックソース「TATEBAYASHIクリエイションセンター」

ブルドッグマークのソースでおなじみのブルドックソースの工場見学。ブルドックソース120年の歴史やソースができるまでのヒミツを五感を使って体験できるコーナーでは、工場で使われている容器を使った展示やスパイスの香りを楽しむことができます。ソースの製造工程では、ソースをボトルに充填する様子を見学することができますよ。 ※要予約

詳しくはこちら:まるでソースのような工場見学。ブルドックソース「TATEBAYASHIクリエイションセンター」

【京都府京都市】美十(びじゅう)「atelier京ばあむ」

「つぶあん入り生八つ橋おたべ」や「京ばあむ」でおなじみ美十(びじゅう)の、「atelier京ばあむ」が2023年にオープンしました。京ばあむについての展示や実際の工場を見学できるほか、お菓子やお土産を買えたり、カフェ&レストランで限定メニューなどを楽しむことができます。

2024年4月より新たに、「抹茶miniばあむ1本焼き体験」がスタート!ミニサイズのバームクーヘンをじっくり焼きあげる本格的な体験なので、対象は小学生以上です。 ※体験は要予約

詳しくはこちら:話題の最新無料スポット「atelier京ばあむ」工場見学を知っていますか?
「1本焼き体験」についてはこちら:「atelier京ばあむ」で抹茶miniばあむ1本焼き体験がスタート!

【広島県三原市】八天堂「八天堂ビレッジ」

冷やして食べるくりーむパンでおなじみの八天堂。広島空港前を基点とした体験型の食のテーマパーク「八天堂ビレッジ」の、VR工場見学が2024年5月にリニューアルしました。

くりーむパンの製造過程を知ることができるVR工場見学と八天堂の歴史紹介はそのままに、手作り体験「パンデコ作り」も楽しめるようになったのだそう。スタッフがていねいに教えてくれるので、子どもでもかわいらしいパンをお土産にできますよ。千葉県木更津市の「八天堂きさらづ工場」でも工場見学が行われています。 ※要予約

詳しくはこちら:1000円で体験・試食・お土産付き!あの人気クリームパン「八天堂ビレッジ」のVR工場見学がリニューアル!

【全国6カ所】雪印メグミルク

雪印メグミルクは、全国に6カ所の工場見学施設を展開しています。茨城県にある阿見工場では、チーズやマーガリンの製造工程を見学することができます。また、VR映像を使ってチーズの製造工程へ入り込むというおもしろい体験も。

見学後には、チーズの試食やお土産がもらえます。楽しい写真が撮れるフォトスポットもありますよ。工場によって、製造工程が見学できる商品やお土産は変わるようです。 ※要予約

お土産もかわいい!雪印メグミルク工場見学「みるくるわかる」他でWEB予約ができるように

※各記事の掲載内容は公開日時点の情報です。変更されている場合もありますので、ホームページなどで最新の情報をご確認ください

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぎゅってWeb編集部さん

のんびりさんが集まる編集部。働くママの毎日をもっと楽しく、ちょっとラクに。そんな情報を朝・昼・晩とお届けします。

ぎゅってWeb編集部さんの記事一覧 v-right