子ども靴を選ぶ際のポイントはどこですか?デザインも重要ですが、決め手は価格?履きやすさ?ファーストシューズを検討しているママや、サイズアップでの買い替えに迷っているママ必見!短気な子や靴が嫌いな子、汗っかきな子にぴったりの靴が見つかる!

index目次

イフミー(IFME®)とは?

イフミー(IFME®)は、早稲田大学スポーツ科学学術院との産学協同開発で1999年12月に誕生。「子どもたちの足を健やかに育むくつ」がコンセプトの日本のブランドです。価格は2300円(税別)~。

デザイナー目線で見た、イフミーのおすすめポイントは下記4点。

  1. 子どもの足の形を考えて作ってある
  2. とにかく軽いので疲れず歩きやすい
  3. 色展開やデザインが豊富
  4. 驚くくらい履かせやすい

特徴やメリットは?

独自の設計により開発されたソールなど、子どもの成長を考えて作られています。さらに、子ども自身が自分で履きやすい、脱ぎやすい、また親が履かせやすい、脱がせやすいという工夫も施されています。

横幅がゆったりしているから、幅広な娘の足にぴったり
マジックテープをあけると、がばっと開くから履かせやすい!

色やデザインはどんな感じ?

男の子用も色合いが豊富!

ありがちな黒や赤の配色じゃないところがオシャレ!

ベビー用もオシャレ!

男女兼用な色合いは狙ってるとしか思えません!

どんな子にぴったり?

短気な子

まさに娘のことなのですが、短時間でうまく靴を履けないと「キーッ」となって その後がグズグズになっちゃう。これを外出前にやられると、無駄な時間が増えるので、子供自身が履きやすいのは本当に大事です。

なぜか、靴が嫌いな子

そんな子は、ずばり素足が好きなのです!!イフミーは靴底のゴムが柔らかく、足の動きに柔軟にフィットするので、娘曰く「裸足みたいな感じ!」だそうです。

足裏に汗をかきやすい子

園で必要な上履きも取り扱いがあるんです。アウトソールとインソールの両方に通気孔が付いた特殊加工で、汗っかきな子どもにぴったり。

洗い変え用のインソールが追加で1セット付いています

どこで売っているの?

安価で人気なので、街の靴屋さんでも取り扱いがあると思うのですが、せっかくなら実物を比べてみたいですよね!そんな人には「しまむら」や「トイザらス」がいいですよ。店舗によって多少の違いはありますが、どれを買うか迷ってしまうほど、さまざまな色やデザインが販売されています。

まとめ

イフミーの靴は安いだけではなく、機能性にも優れています。娘の足は幅広で汗っかきなので、いろいろなメーカーを試して、最終的にたどり着いたメーカーがイフミーなのです。

デザインはシンプルで、好き嫌いが出にくいのも良いところだと思います。合わない靴で靴擦れなどを起こす前に、子どもの成長に合わせた靴選びをおすすめします。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
CHi-Aさん

夫・娘(5歳) 現役アパレルデザイナーママ。 最近、間違った方向のオシャレに目覚めた娘に日々、頭を悩ませています。

CHi-Aさんの記事一覧 v-right