家事に子育て、仕事…目が回るほど忙しい毎日も、労いや気遣いの一言で報われたり、ちょっとした気分転換でまた頑張ろうという気持ちになれたりするものですよね。身近なプチ贅沢で気分転換、いつもより少しゴージャスなご褒美パンはいかがでしょうか?

File 8. 溜池山王「COURTESY」

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。お正月休み、ゆっくりできましたか?

仕事はなくても、親戚一同が会したりする機会も多い年末年始はなかなかゆっくりは難しいですよね。

もうひと頑張り、ほんの少し早起きして、この1年をまた走り出すエネルギーを補填しに行きませんか。

美味しいものを味わえるだけでなく、美しい空間が出迎えてくれる「COURTESY」が私のおススメです。

野菜を練り込んだトレンドメニュー、フォカナッツ。フォカッチャとドーナツの融合です

東京メトロ溜池山王駅に直結の「赤坂インターインターシティAIR」にあるという地の利とともに、こんな点がオススメしたいポイントです。

  1. ラグジュアリーでアーティスティックな空間設計
  2. 時間帯によって業態変更、楽しみ方も変わります
  3. 食も最先端、一流シェフによるトレンドメニューが味わえる

アーティストが演出するハイセンスな内装

溜池山王駅14番出口から「赤坂インターインターシティAIR」に入り、エスカレーターで1階まで登ると、「COURTESY」の入り口は右手にあります。

ガラス張りの大きな開口部からの自然光をたっぷりと取り入れて、白い大理石の床が輝いています。

ダイニング中央部のアイランド型の厨房はカウンターで四角に囲まれていて、その1辺にパンが陳列されています。カウンター上部は、朝は自然光を、夜はライトを反射する装飾が施されて、黒で統一されたファニチャーと共にハイセンスな空間演出に一役買っています。

思わずため息が漏れるほどのアーティスティックな空間。そこに居るだけで背筋が伸びてくる気がします。

きらめく内装、気分もあがります。

それもそのはず、花魁の下駄をモチーフにしたヒールレスシューズで知られる現代日本を代表するアーティスト舘鼻 則孝(たてはな のりたか)さんが空間設計を監修しているのです。

間違いなく日常とは異なる雰囲気、そこで過ごす時間は格別です。

昼まではベーカリーカフェ、夜はフレンチレストラン

朝7時から営業。焼きたてのパンと作りたてのサンドイッチが楽しめるベーカリーカフェとして「COURTESY」の一日は始まります。

開店時間から焼きたての香ばしいパンが並び、その数が増すごとに店内に温かみが増すようです。

朝10時まで、好きなパンやサンドイッチとセットでコーヒーもしくは紅茶が100円、カプチーノもしくはカフェラテが200円、スープが350円。好みのモーニングセットをカスタマイズできるのも魅力です。

サンドイッチとフォカナッツにコーヒーでパワーモーニング。

夕方からは中休みを挟んで業態変更、自家製パンが内装に勝るとも劣らないハイセンスなモダンフレンチに寄り添います。

提供形態が変わるだけでなく、雰囲気もぐっとムーディーになる夕方以降。昼までとは違った「COURTESY」に出会えます。

どちらも一流、食と空間の極上マリアージュ

フレンチは伊豆・湯ヶ島のオーベルジュ「アルカナイズ」元料理長の山本篤史シェフが、ベーカリーはリッツカールトン大阪でヘッドベーカーを務めた青柳吉紀シェフが担う「COURTESY」。

料理は美しいだけでなく、生産者の顔の見える食材にこだわます。そしてパンは定番だけではなく、最先端のトレンドメニューまで。目で、舌で楽しめるものばかり。

いぶりがっこ入りの卵サラダを挟んだ燻卵サンド、和風はトレンドのキーワードです。

洗練された空間で、一流の味を楽しむと、活力が湧いてきます。

食事をする場所を意味するレストランという言葉は、フランス語で「回復させる」を意味する動詞 restaurer の現在分詞 restaurant が語源とされています。

「COURTESY」で過ごした後は、レストランは胃袋だけでなく、心を満たしてくれるところなのだという、レストランの意味を心から理解していることでしょう。また一年、お互い頑張りましょう!

店名 COURTESY
所在地 東京都港区赤坂 1-8-1 赤坂インターシティAIR 1F
電話番号 03-6632-1679 ※予約専用番号
営業時間 モーニング/ランチ 7:00〜16:00、ディナー 18:00〜22:00(土曜日はディナー営業無し)
定休日 日曜・祝日/赤坂インターシティAIR 休館日

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
福地寧子さん ( パンコーディネーター )

1日3食、年間1095食以上パンを食べ続けて四半世紀。そんな小麦まみれの生活の中で見つけたキラリと光るパン屋さんをご紹介します。

福地寧子さんの記事一覧 v-right