エコバッグを忘れたとき、コンビニでちょっと買い物したときなど、レジ袋っていつの間にか溜まっちゃいますよね。そんなレジ袋の収納に悩んでいる人も多いのでは。そこで今回は私が実践しているレジ袋の収納方法と四角折りの畳み方をご紹介したいと思います。

index目次

レジ袋の収納方法

わが家ではレジ袋を使う場所はキッチン。ポリ袋でははみ出してしまうような、葉物などの大きめの生ごみを捨てるときに使っています。

そんなレジ袋の収納はキッチンのシンク下。ダイソーの蓋付きボックスに収納しています。

レジ袋を使う頻度は少ないので、極力貰わないように気を付けています。それでも増えてしまうのがレジ袋。増えても大丈夫なように、省スペースにスッキリ収納できる畳み方にしてしまっています。

「四角折り」にすればスッキリ

レジ袋は三角折りが主流だと思います。三角折りもラクチンで良いのですが、収納するときにバラつきがち。さらに少しかさばるのも難点。

そこでスッキリ収納できる四角折りのやり方をご紹介します。

  1. 縦に半分に折る
  2. もう一度縦半分に折る
  3. ※大きな袋の場合は、持ち手部分の太さに合わせて折ると大きさにバラつきが出にくい
  4. 持ち手部分を手前に折る
  5. 横半分に折る
  6. 3等分して先端がバラバラな方を内側に折る。
  7. 先端が山折りになっている方を、5で内側に折った反対側の切り込みのある部分に入れ込む
  8. これで四角折りの完成です

    三角折り派の人もお試しを

    四角折りは少し手間がかかるようにも見えますが、コツさえつかめば三角折りよりも手早く出来ると思います。しかもスリムに収納できます!三角折り派の人も、ぜひ一度お試しください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ちびかおりさん
プラチナライター

夫婦+6歳娘の3人家族。家族みんなが使いやすく・片付けやすい収納、過ごしやすい空間を作る工夫を心がけています。機能的な収納を考えるのが趣味です。

ちびかおりさんの記事一覧 v-right