アウトドアでは機能性のある服装が一番。だけど、やっぱりおしゃれでいたいのがママの本音。テキパキ動けて、でもステキなコーディネートしてみませんか。子どもやママ友に見直されちゃうかも!

家族や友人ファミリーと行くBBQは、準備も後始末も自分たち。子どものお世話をしつつ、食材を切って下ごしらえをしたり、炭をおこしたり。全員で役割分担して動くことが前提ですよね。

となると、当日のコーディネートとして重要なのは動きやすさ。忙しいし汚れるから適当でいっか~となりがちですが、そんなことは言わずに。手持ちの服でポイントを押さえるだけでいいんです!
 

大前提の注意事項

ヒールのある靴は禁止
河原の小石や、ぬかるんだ土の上は滑りやすいです。足首の捻挫を防ぐためにも危険は初めから排除しましょう! 
 
サンダルも出来れば控える
火を使う場所は何が起こるか分からないもの。突発的に火の粉が足にかかっても大丈夫なように足元は極力スニーカーがオススメです。
 
スカートよりパンツがオススメ
動きやすいのは断然パンツ。汚れても洗濯機で洗いやすいです。
 
アクセサリーはなるべく控える
食材を触る機会が増えるので衛生面を考えると、ピアスと結婚指輪くらいがGOOD!
 
 

BBQで目指したいママスタイルの4大要素

  1. 動きやすい
  2. 汚れが目立たない
  3. 臭いが落ちやすい
  4. 露出が少ない

手持ちのアイテムで簡単コーディネート!

トレンドのフリル袖&デニムで楽チンコーデ。UVケアのため、プラスで帽子と羽織りも忘れずに!!
 
アウター:長袖カーディガンまたは長袖シャツ
日焼け防止にはダークカラー。爽やかさ重視ならライトカラー。アクティブ感を出すならチェック柄がオススメ。アウターの色で、印象がかなり変わります!

以下の写真は左からICB、MICHEL KLEIN、INEDのものです。

インナー:フリル袖トップス
袖や裾にデザインポイントか、襟ぐりや胸元に刺繍などがあれば、グッとこなれ感が出ます。以下の写真はINEDのものです。

パンツ:デニムパンツ
ストレッチ入りのものだと、かなり動きやすいです!地面に座わったり、肉汁が垂れることも考えて、ダークカラーがオススメ。UNIQLOの「ハイライズスマートシェイプジーンズ」は、プチプラなのに、ストレッチ入りで履き心地が良いです。しかも、股上が深いハイライズなので、かかんでも下着のチラ見えの心配なし!!
 

番外編

意外と要らないストール
薄手の大判ものは便利そうですが、臭いが付きやすいうえ、薄手=繊細な織りなのでガシガシ洗濯しにくいです。また、風になびいて火が燃え移る心配も。
 
見落としがちなヘアースタイル
臭いがつくのは髪の毛も同じ。流行りのカチュームや、くるりんぱアレンジで臭い&日光の痛みから守ってあげて下さいね!トップスや羽織りと、ヘアーアクセの色や柄を合わせたら、さらにオシャレに見えちゃいます。

私のように面倒臭がりな人は、つば広の帽子でOKです(笑)
 
 
これからの季節、BBQにピッタリの気候で楽しみですね!
 
 

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
CHi-Aさん

夫・娘(9歳)・息子(3歳)現役アパレルデザイナーママ。 最近、間違った方向にオシャレを目覚めさせた娘とキャラもの大好きな息子に頭を悩ませています。

CHi-Aさんの記事一覧 v-right