海外旅行の楽しみのひとつが、現地のスーパー巡り。ただ、見ているだけでも楽しいのはもちろん、お土産の購入スポットとしても人気!今回は台湾旅行でぜひ手に入れて頂きたい、お土産(スーパー編)を駐在ママであるnimo*が紹介します♪

index目次

まずは全聯、頂好、家福楽に行ってみよう!

台湾で一番店舗数も多く、業績も今勢いのある「全聯福利中心(ゼンレンフクリチュウシン)」。台北(タイペイ)、台中(タイジョン/タイツォン)、台南(タイナン)、高雄(カオション)…どの都市を歩いていても、必ず見かけると言っても過言ではない程、店舗数も多く見つけやすいのが特徴。

青い看板が目印の「全聯福利中心」、私の普段使いのスーパーもここ!

2つ目は「頂好超市(ティンハオ)」。こちらも台湾全土に店舗を持つ、大手スーパーチェーン。観光客が行きやすい立地にあることも多く、台湾らしいものを手に入れるのに便利。

24時間営業なので、時間がない旅行でも立ち寄りやすい

最後に紹介する「家福楽(カルフール/ジャルフール)」は、上記で紹介したスーパーよりも圧倒的に大きい、フランス系量販店。食料品だけでなく日用品の品揃えも多いので、時間がない人はここでまとめて購入もOK。多くの店舗で風船プレゼントサービスがあるのも、子連れには嬉しいポイント。

じっくり見ていると、ここだけでも1時間は観光できてしまうほど

他にも、生鮮食品はないけれど、価格の安い「小北百貨(シャオベイバイフォア)」「大八街」などもいいですよ。

売り切れ続出!? 入手困難の過去も。大人気のカップ麺【花雕雞麵】

私が台湾に来て、初めて来たカップラーメンが「花雕雞麵(ファデァオジーメン)」。最初に食べたときの感動は今でも忘れません!そして、台湾に遊びに来た人に一番すすめるお土産もこれ。

かさばりが気になるという人には袋タイプ(左下)が◎

「調理包」と書いてある袋の中に、生姜や鶏肉がゴロっと入っており、満足感も高め。意外にも酒造会社が製造しており、最後に花雕酒を入れるのがポイント。

子どもにも食べさせたいときは、花雕酒を入れる前に取り分けるのがベター

2015年頃ブームとなり、一時期はかなり購入困難だったそう。同シリーズの別タイプもおいしいですが、ひとつに絞るなら「花雕雞麵」を手に取ってみてください。

台湾ビールはフルーツ味も飲み比べてみて♪【台湾啤酒】

台湾のビールといえば「台湾啤酒(タイワンピージョウ)」。日本のビールと比べて、コクやキレは物足りなく感じますが、南国台湾で飲むにはあっさりしていて最適!

通常の「台湾啤酒」以外にも、クラシックやプレミアムなどのシリーズがあり、中でも私のイチオシは「18DAYS」。賞味期限が18日以内という新鮮なおいしさが味わえるため、私たちが外食時によく頼みます。

「18DAYS」は瓶タイプが主流ですが、缶タイプを見つけたら迷わずゲット!

また、果物天国の台湾らしくパイナップル、グレープ、マンゴーなどのフルーツビールは女性へのお土産に。

どれも魅力的で選べない…。日本に持ち帰るときには、容量に要注意

スーパーだからこそお得に買える【ドライマンゴー】

5月~9月のマンゴーシーズンに訪れる人は、フレッシュなマンゴーを思う存分、味わってください。そして、そのおいしさをぎゅっと凝縮したドライマンゴ―は、お土産にも喜ばれます。

ヨーグルトに入れて、子どもの朝食にしても◎

お土産店で購入するよりも、お得に買えるのもスーパーならでは。ドライマンゴーが有名ですが、個人的にはパイナップルもGOOD。また、日本では珍しいグアバも食べてほしいです!

選ぶのが楽しい!産地が台湾でない場合もあるので、裏面を要チェック

自宅で簡単DIY!タピオカが日本で楽しめちゃう【乾燥タピオカ】

台湾にいると、タピオカ入りドリンクは探さなくても目に入る程。あのプリプリもちもちの食感を、家でも簡単に楽しめるのがこちら。

日本ではなかなか見かけない乾燥タピオカ

黒砂糖で煮て冷たい牛乳を注けば、簡単にタピオカミルクティーができあがり。自分たちへのお土産として持ち帰れば、子どもと旅の思い出を話しながら、素敵な時間になると思います。

バラマキお土産に。台湾版ベビースター【小王子麺】

キュートなパッケージの小王子麺は、まさに台湾版ベビースターの様な愛されおやつ。先日訪れた友人もこちらを職場に購入し、好評だったとのこと。

いろいろな味があるので、詰め合わせにしてお土産にすると楽しめる♪

黄色いパッケージが「原味=プレーン」という意味で、一般的なのもこちら。子どものおやつにも、お酒のおつまみにもなる素朴なおいしさ。

お湯をかけて食べてもおいしく食べられます!

マンゴーグミ+ホワイトチョコレートのコラボ【Gummy】

私が台湾で好きな食品メーカーのひとつが「義美(イーメイ)食品」。どの商品を食べてもおいしいので、スーパーで気になるものを見かけたら、手に取ってみてくださいね。その中でも「Gummy」がお土産におすすめ。

何種類かありますが、台湾らしいのはやっぱりマンゴーグミチョコ

弾力のあるグミは、噛めば噛むほどマンゴーの味が広がり、甘党にはたまらない。うちの娘はまだ食べられませんが、これをシャカシャカ振るのがお気に入りの様子。

まだまだ紹介しきれない魅力的商品がたくさん!

今回紹介したのは5つですが、まだまだ魅力的なものがたくさんあって、紹介しきれないほど…。

台湾限定の「コアラのマーチ」マンゴー味は7袋79元(約280円)とお得!※タイ産
裏側は台湾地図に♪子どものおもちゃに再利用しやすい形も嬉しい!
左:少量で辛味をつけられる「天下第一辣」/右:どの家庭にもある魚介系調味料「沙茶醤(サーチャージャン)」
パケ買いしたくなるキャラクター飲料
料理好きにあげたい「麻辣花椒(マーラーホァジャオ)粒」は19元(約75円)

知っておくと安心♪台湾スーパーの買い物ポイント

ちなみに台湾では、どのスーパーでも基本的にレジ袋は有料となります。マイバッグを忘れずに持参してくださいね!そして、知っていると安心なのが、レジでよく聞かれるフレーズ。

会員ですか?

袋は必要ですか?

基本的には、日本のレジと同じシステム。袋は約1元(約4円)

「会員ですか?」の聞き取りポイントは「会員(ホイユイン)」という単語。首を横に振ったり、手で「無いです」の仕草でOKです。

「袋は必要ですか?」の聞き取りポイントは「袋子(ダイツ)」という単語。マイバッグ持参の場合は、袋を見せて「持ってきているよ~」とアピールをしたり、手で「無いです」の仕草をしたりでOKです。大体が上記2つをポンポンっと聞かれることが多い印象です。

気になったものを気軽に買えるのが、スーパーの嬉しいところ。台湾に来たら、いろいろなスーパーをのぞいて、台湾を感じながら、素敵なお土産を探してみてください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
nimo*さん

台湾在住の一児の母。岐阜県出身、元食品メーカー勤務で夫の転勤に伴い退職し、17年秋より子連れ海外生活をスタート‼食品工場見学が趣味で国内外問わず200か所以上訪問。子連れでも楽しめる工場を紹介します!

nimo*さんの記事一覧 v-right