もうすぐ梅雨!お部屋の中で遊ばせたいけど、ネタが尽きた…!そんなパパやママに、100均で手に入る「タッセルメーカー」を使った、子どもと楽しめる雨の日ならではのハンドメイドを紹介します♪材料もゴミも少ないので準備も後片付けも楽です◎

index目次

はじめに

気付けば、来月はもう6月。じめーっとした梅雨の時期がやってきます…。子どもたちも外で遊べなくなって、家の中で遊ばせるネタも尽きてきますよね。

そこで、100均で購入できる「タッセルメーカー」を使って、いつもとちょっと違うかわいい「てるてる坊主」を子どもと一緒に作ってみましょう!

材料・道具

今回使用した糸はセリアで購入しました
  • タッセルメーカー(セリア:右側の「大」サイズを使用)
  • 好みの毛糸や糸(太めがおすすめ)
  • 好みでマスキングテープやシールなど(飾り用)
  • はさみ・油性ペン

作り方

  1. 吊り下げ用のストラップを作る
  2. まずは完成した、てるてる坊主をぶら下げるためのストラップを作ります。長さは好みでOK。簡単にひもを輪にして結ぶだけでもいいですし、ひもを3本使って三つ編みにしてもかわいいです。

    今回は20cm×3本で、三つ編みを作ってみました
  3. タッセルメーカーに糸を巻き付けていく
  4. ストラップの準備ができたら、タッセルメーカーに糸を巻き付けていきます。巻き付ける回数は糸の太さによりますが、写真の糸では40回巻くといい感じでした(毛糸なら20回くらいを目安に巻いてみてください)。

    一緒に数えながら、巻くのは子どもにまかせてみて
  5. ストラップを本体と合わせる
  6. 巻き終わったら、最初に作ったストラップをタッセルメーカーの中心部分(△のマークがあります)にのせ、糸でぎゅっと縛ります。

    ここでしっかり縛らないと後でストラップが抜けてしまいます
  7. タッセルの上下の糸をカットし、形を整える
  8. ストラップがしっかり固定できたら、糸の上下をはさみでカットして、毛の流れを整えます。

    糸の上下にはさみが入るようになっています
    こんな感じになりましたか?
  9. てるてる坊主の頭を作る
  10. てるてる坊主っぽく見えるように、通常のタッセルよりも下の部分を糸でしっかり結びます。このとき、糸の太さによっては頭の部分に隙間(空洞)ができてしまうことがありますので、そんなときは短く切った糸を丸めて詰めましょう。

    ストラップの結び目は中に入れ込んで
    頭の部分に空洞ができてしまったら…
    空洞に切った糸を詰めて、見えないように隠しましょう
  11. 形を整えれば、てるてる坊主の完成!
  12. 最後にはさみで体部分の裾を切りそろえたら、基本のてるてる坊主が完成です!

    ティッシュ製とはまた一味違う雰囲気に

    後はマステで顔をつけたり、たくさん作ってガーランドにしたり、素材を変えたりといろいろななバリエーションで楽しんでください♪

    マステで顔とリボンをつけてみました
    色違いを作って、並べてガーランドに
    荷造り用のビニールひもでもできちゃいます!

まとめ

材料にする糸の太さや色で、いろいろなテイストのてるてる坊主ができます。毛糸やビニールひも、キラキラ素材で作っても楽しそう!雨の日の遊びはお絵かきやパズル、DVD鑑賞などでマンネリになりがちですが、材料もゴミも少ないてるてる坊主づくりで子どもと楽しい時間を過ごしてくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かわばたふみさん

4歳と1歳の兄弟を抱え、毎日てんやわんやのWebデザイナー&ハンドメイド作家です。手芸好きのママを増やすべく「簡単・可愛い・褒められる♪」手芸の技を日々研究中!

かわばたふみさんの記事一覧 v-right