言うことを聞かない男の子にママはいつもイライラ。ママを悩ませる困った行動の対処法をシリーズでお届けしています。ガミガミ叱るよりも効果あり!第3弾は「乱暴な言葉を使ったときの対処法」です。もちろん女の子にも使えます。

index目次

息子が乱暴な言葉を使うように…。

男の子にはよくある話。子どもは、成長するにつれていろいろな言葉を話し始めます。初めて「ママ」と言ってくれたときは感動し、片言を話すわが子をかわいいと感じたはず。

それが、3歳、4歳くらいになると、親や年上の兄弟など、身近な人の言葉をまねしたり、テレビやゲームの影響で使ってほしくない言葉も覚えていきます。

子どもが「バカ」「うるせー」などの乱暴な言葉を言ったときには本当にビックリ!ついこんな言葉を返してしまうかもしれません。

そんな乱暴な言葉を使ったらダメでしょ!

親に向かってなんてこと言うの!

このように、子どもがそんな言葉を言った理由も考えずに頭ごなしに叱ってしまうと、「どうせママはボクのことをわかってくれない」とさらに反抗的になってしまうことも。

こんなとき、どのようにしたらいいのでしょうか?

乱暴な言葉を使ったときの対処法

このような行動をやめてもらうには「子育て3ステップ会話法」を使います。「ステップ1」→「ステップ2」→「ステップ3」の順に進めていきます。

子どもの困った行動がなくなった時点で、ステップは終了です。

ステップ1:「イラッとしちゃったんだね」

子どもはどうして乱暴な言葉を使うのでしょうか?それは、心の中に抱えている不満、怒り、悲しみ、ストレスなどを吐き出すためです。

「ボクのことをわかってほしい」「受け入れてほしい」という思いを外に出して、ママに訴えているのです。

そんなときこそ「共感」の出番。叱るのはグッとこらえて、これが乱暴な言葉を使わなくなる第一歩だと思って共感してあげましょう。

ステップ2:「ショック」とママの気持ちを伝える

次に「理由+ママの気持ち」という形で伝えます。たとえば、「○○だから(理由)、ママは△△なの(気持ち)」というようにです。

子どもに「バカ」「うるせー」「ムカつく」などと言われたら、ママだってとっても傷つきます。そんな言葉をどこで覚えたのだろうと驚いちゃいますよね。ショックのあまり、怒りがわいてくるかもしれません。

でも、子どもはその言葉の意味をよくわかっていなくて、たまたま覚えたから使っているということもあります。

言われたことに腹を立て、それに応戦してしまうと、収拾がつかなくなってこの問題を解決することができなくなってしまいます。「親に向かってなんてこと言うの!」と子どもを責めても、効果は期待できません。

ここは、そんな言葉を言われると「ショックだ」「傷つく」「悲しい」「辛い」というママの気持ちを素直に伝えましょう。

怒りに発展する前の最初に感じた感情(第一次感情)を子どもに伝えていくのです。

また、「ウザイ」「キモイ」「死ね」というような人格を否定する言葉は、相手を深く傷つけてしまいます。このような言葉を言ったら、その場で厳しく伝えましょう。

ステップ3:何かいいアイデアはないかな?

ステップ1→ステップ2を試しても解決しない場合は、どうしたらよいか親子でアイデアを出し合います。

「あのときどんなふうに言ったらよかったと思う?」などと切り出し、「何かいいアイデアはあるかな?」と子どもが話しやすい状況を作って、お互いに案を出し合ってみます。

ここで子どもからアイデアが出ないようであれば、ママがいくつか提案してみましょう。ステップ3では、「誰がアイデアを出すか」「誰のアイデアが選択されるか」は重要ではありません。

2人で話し合ってお互いに賛成するアイデアを選ぶこと」が大切です。

そして、思いつくアイデアは遠慮しないでドンドン出してみましょう。どんな突拍子もないアイデアであってもOKです。

子どもが自己表現できるようになるまで見守る

子どもが「乱暴な言葉を使わずに自分の気持ちを伝えられるようになる」ことは、「相手に率直な自己表現ができるようになる」ということ。

暴言で相手を傷つけるのではなく、自分の気持ちを率直に言えるようになれば、ママとの関係が良くなるだけでなく、お友だちとも良い関係を築くことができます。

子どもが乱暴な言葉を使わずに自分の気持ちを表現できたときは

自分の気持ちを言えたね

ちゃんと伝わったよ。ありがとね

などと声をかけてあげましょう。子どもが乱暴な言葉を使わなくなるまでには、多少時間がかかるかもしれません。でも、諦めずに子どもに寄り添い、焦らずゆっくりと対応してみてください。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
佐藤麻依子さん
専門家

男児2人の母。心理カウンセラー。2006年から子育てに悩むママの子育て相談を開始。現在は、講演、講座、子育て相談、中学受験相談、執筆活動に力を入れている。「子育て3ステップ会話法」を考案し、書籍『男の子のための魔法のこえかけ 3ステップしつけ法』を出版。

佐藤麻依子さんの記事一覧 v-right