バーベキューや海のレジャーなどに必須のクーラーボックス。中の保冷剤がすぐに溶けてしまうのが悩みのタネでしたが、これさえあれば解決。自宅で簡単に作れる、コスパ最高の「板氷」をご紹介します!

夏と言ったら、海や川遊びにバーベキューと、アウトドアな遊びがたくさん!そんな時に皆さん。クーラーボックスを活用することは多くありませんか?

クーラーボックスに食べ物や飲み物を入れ、炎天下の中、外に長い時間置いておくわけですが、朝から用意すると、意外とお昼頃には中の氷が溶けていたり、保冷剤がふにゃふにゃになっていたりしませんか?そうなると、いくらクーラーボックスと言っても保冷力がなくなってしまいます。

そんな時に!とっても大活躍する「板氷」がおすすめです。

「板氷」の保冷力は抜群。
丸一日クーラーボックスに入れても溶けません!

「板氷」とは、読んで字のごとく、板のような大きな塊の氷のこと。コンビニなどでも売っているこの「板氷」が、家の冷凍庫で簡単に作れちゃうんです♪

さっそく作ってみよう

まず、1リットルの牛乳パックを綺麗に洗います。

その中に水を満杯に入れます。

ふたを閉めて、まっすぐのまま冷凍庫へ入れる。

一日では凍りません。2日か3日間、凍らせてください。

我が家はいつも2~3本ストックしています。

できた板氷を使おう

冷凍庫から出してみると、パンパンに膨れています!

膨張してパックが破れてしまう場合も

使う際はそのままクーラーボックスへ入れます。

紙を破らないで使う方が保冷力が上がります。

ちなみに、中身はどうなっているかというと…

立派な「板氷」ができています!

これを2~3本クーラーボックスに入れておけば、真夏の炎天下の中でも氷が溶けきることなく、保冷力を保ち続けてくれます。

氷なのでもちろん、全く溶けないという事はありません。ただ、普通のロックの氷は数時間ですぐに塊は溶け水になってしまいますが、この牛乳パック氷の場合は、1日たっても大きな塊は残ったままです。

牛乳パック氷から流れ出る水でクーラーボックスが水浸しになってしまうのが気になる場合は、以下のようにストックバッグに入れると良いです。溶けた水は、手を洗うなどの用途で使う事ができます。

わが家の場合は、クーラーボックスに入れるものは缶やペットボトル、パッキングされたものなので、クーラーボックスが水浸しになってもOK。最後に水を抜いて持ちかえるようにしています。

これからの季節にとっても役立つ「板氷」。ぜひ、ご自宅で作ってみてください!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつだひとみさん

3人の子ども達のママです!昼間は仕事もしていますが、週に1度はお友達をご招待してホームパーティーを開催しています!

まつだひとみさんの記事一覧 v-right