せっかくの休日なのに雨や暑さでおでかけできない…。そんな日の救世主、日本最大級の屋内遊園地「東京あそびマーレ」が東京都八王子市にオープン!さらに1年中雪遊びができる「スノータウン」も併設。行ってみた感想や気になる料金・割引をレポートします。

index目次

「東京あそびマーレ」とは?

2018年4月、京王相模原線の堀之内駅前にオープンしたばかりの「東京あそびマーレ」。駅に直結する商業施設「ビア長池」の新館2階で、雨に濡れずに行けるアクセスの良さもポイント!面積は6700m²と、子ども用の屋内遊園地としては、日本最大級の規模を誇ります。

営業時間は10:00~19:00(最終受付18:00)で、年中無休の休園日なし。日本初登場の1年中、雪遊びができる「スノータウン」ををはじめ、親子で楽しめる大小20を超えるアトラクションを、時間無制限でたっぷり楽しめます!

さらに、「スノータウン」以外は再入場OK!「東京あそびマーレ」に再入場する場合は、スタンプを押してくれます。

チケットは券売機で現金購入。券売機でチケットを購入したら、いざ遊びの世界へ!

室内遊園地のアトラクションを紹介!

室内遊園地「東京あそびマーレ」の主要なアトラクションを紹介。一部「乗り物チケット(1枚100円)」が必要なものもあります。

「ミニエクスプレス電車」(1回100円)

まずは入場して、すぐ左手にある「ミニエクスプレス電車」は電車好きの子はもちろん、運転手さんの帽子を被せてもらえば、女の子でもワクワク!とても広いフロア内をゆっくりぐるっと一周するので、どこに何があるのかわかりやすいですよ。

新幹線型の「ミニエクスプレス電車」で親子でワクワク!

「ゴーカート」(1回100円)

「ミニエクスプレス電車」と同様、フロア内の決められたコースをぐるっと一周運転できます。

2人乗りで楽しくドライブ!

「トランポリン」

1人用のトランポリンで、2分交代制。入口にタイマーが設置されています。わが家の子どもたちは、元気よくピョンピョン跳びはねていました。

元気いっぱいにジャンプ!

「ボール温泉」

いわゆるボールプール。こちらの「ボール温泉」は、その名の通りちょっと深めなので、子どもたちは潜ることに夢中。上には、大きなカゴが設置されていて、玉入れも楽しめます。こちらは案外、大人が夢中に(笑)。

玉入れは大人もムキになる!?「ボール温泉」

「ターザンロープ」&「ふわふわボルダリング」

ターザン気分を味わえる「ターザンロープ」は、人気で常に順番待ち。「ふわふわボルダリング」も全身を使って楽しめます。下もふわふわなので、転んでしまっても大丈夫!

中毒性があるのか?「ターザンロープ」は繰り返し並ぶ子が多い様子

「ふわふわ滑り台」

こちらは滑り台付きのふわふわ遊具。サボテンの国?をよじ登った者だけに、滑り降りる権利が!

スタッフが見守ってくれます
巨大なサボテン!? ちょっとワクワク

「ローラーズ」

大きなチューブに入って、グルグル動き回れる人気の「ローラーズ」。スタッフが誘導してくれます。とても人気なので、1人2往復で交代でした。

大きな遊具を自分で動かす感覚は、やみつきに

「なげるんだー」

画面に出てくる絵に向かって、ボールをぶつけると反応が。ムキになる子が続出!側にベンチがあるので、親はゆったり見守ることができます。

普通の公園にはない、デジタルな遊具に夢中

「バンパーカー」

ピカピカ光る2人乗りのクルマで、決められたスペースの中をグルグル走り回って楽しめます。チケット制で1人100円。

「ポニーライド」

愛らしい動物たちの乗り物がお出迎え。特に女の子に大人気。1人で乗れる小さな乗り物だけでなく、親子で乗れる大きな乗り物もありました。

幻のユニコーンがお出迎え

「なりきりストリート」

好きな衣装に着替えてなりきり!セットを使って、撮影も楽しめます。パパ・ママも一緒になって、盛り上がります。

衣装もバリエーションが豊富!ドレスや制服が盛りだくさん

「キッズゾーン」

0歳から3歳までが楽しめる、キッズ専用ゾーンもあります。ふわふわ遊具やボールプールなどのミニ遊具や絵本なども数多くあり、大きな子たちと同じ場所ではまだ危ない赤ちゃんでも、遊ばせることができます。

意外と広い「キッズゾーン」でベビーも満足!靴を脱いでゆったり遊べます

「卓球」

気付かれにくい場所に、ひっそりとある卓球コーナー。大人同士でも楽しめそうです。卓球台は20分交代とのこと。

その他にも、1回100円の有料で「忍法からくり屋敷」や「光の迷宮」「ルクソールキッズ」などの歩いて回るアトラクションや、働くクルマを操縦できる「ビルダーズ」などの体験型遊具も。バリエーション豊富なアトラクションで、1日たっぷり楽しめます。

「ビルダーズ」は男の子に大人気!本格的な操縦体験ができます

日本初!365日雪が降る「スノータウン」って?

この施設の目玉である「スノータウン」は、「365日雪が降る世界」をキャッチコピーに、1年中雪遊びが楽しめるアトラクション。日本初登場となる、子ども向けの雪のテーマパークで、体感温度18~20度の通常空調で雪を維持できるシステムを採用しているとのこと!

入口でシロクマさんがお出迎え

「東京あそびマーレ」の室内遊園地とは別料金で、こちらだけ利用の場合は2歳以上が1200円、1歳が600円となっています。お得なセット料金もありますよ!まずは入口で受付をしたら、無料貸し出しの長靴に履きかえます。

サイズは14~28cmと、幅広く用意されています

続いて、奥の部屋で注意事項などのオープニングムービーを観たら、いよいよお楽しみの雪の世界へ!

中はちょっとムーディーな青の光が幻想的な空間。個人的には“クリスマスの夜”のような雰囲気だと感じました。雪遊びゾーンと休憩ゾーンに分かれており、さらに雪遊びゾーンは雪に触れて遊べる場所と、なだらかな斜面を無料の貸し出しそりで遊べる場所に区切られています。

そりとプラスチック遊具は無料貸し出し
そり遊びはスタッフが誘導してくれます
雪質は少しシャーベット状のザクザクした感じでした

室温は18~20℃とのことで、春の屋外ぐらいの気温で快適ですが、半袖など真夏の格好では肌寒く感じることも。ブランケットの無料貸し出しもありますが、遊んだり多少濡れたりすることを考えると、薄手の長袖ウィンドブレーカーがあると良いと思いました。

さらに、雪遊びでは手も冷たくなるので、手袋や替えの靴下もあるいいですよ。

着替え用のTシャツなど、グッズの販売もあります!

子どもたちは、ひんやりと冷たい雪に触れて大はしゃぎ!雪だるまを作ったり、そりで滑ったり、思い思いの遊び方で楽しめます。特に、真夏の暑い時期には、ひとときの“涼”を感じられる格好の遊び場です。

都会に住んでいると雪で遊べる機会も少なく、いざ雪の日は保育園への送迎や自分の通勤の心配でバタバタしてしまって、遊ばせてあげる余裕がないので、親子でゆっくりと雪遊びできる環境はうれしいですね!

料金・割引はあるの?

入園料金は?

気になる入園料金ですが、休日料金で

室内遊園地のみ 2歳以上1200円、1歳が600円
スノータウンのみ 2歳以上1200円、1歳が600円
室内遊園地+スノータウンのパック 2歳以上1700円、1歳が1100円と、最大700円お得に!

※いずれも時間無制限、0歳は無料

さらに、お得なナイトパックなども用意されているので、詳しくはこちらから確認してくださいね。

お得な割引は?

  • クーポン割引情報サイト「いこーよ」のクーポン提示で、2歳以上の入園料金が100円引き。
  • JAF割引JAF会員は会員証の提示で、2歳以上の入園料金が100円引き。

その他、団体割引や障がい者・療育者割引もあります。詳しくは施設に問い合わせを。

子連れに便利な設備いろいろ

ベビールーム完備!

授乳室やオムツ替えベッド、調乳用温水器もあるので、赤ちゃん連れにもやさしいです。

無料ロッカーあり

無料ロッカーがたくさんあるので、荷物をしまって身軽に遊べます。

マッサージチェアあり

10分100円のマッサージチェアも多数。疲れたパパ・ママはここでリラックス。

フードコートあり

カレーや焼きそばなどの軽食や、ドリンクを注文できるフードコート併設で気軽に食事も楽しめます。

テーブルありで持ち込みOK!

イスとテーブルのフリー席だけでなく、靴を脱いで座れる席も。持ち込みも再入場も可能なので、お弁当を持ってきてもよし、同じ建物内にあるスーパーやマクドナルド、サブウェイなどで買ってきて食べてもよし。財布にもやさしく、ママ会の集まりにも便利ですね!

赤ちゃん連れでも食事しやすいのが◎!

駐車場あり

屋上に、24時間営業のタイムズビア長池第2駐車場あり。料金は30分100円で、1日最大500円。東京あそびマーレ利用者は最大4時間無料。ちなみに、第1駐車場は1日最大1000円なので、「第2」をおすすめします。

混雑しているの?感想とまとめ

私たち親子は「親子で1日あそべる室内遊園地」「365日雪が降る世界」というキャッチコピーにひかれ、5月下旬の日曜日に訪れましたが、オープン当初懸念されていた混雑状況は特に問題なく、余裕を持って十分にアトラクションを楽しむことができました。

駅前というアクセスの良さに加え、思いきり体を動かせる遊具の数々で、子どもたちも弾ける笑顔で大満足!息切れするほど大はしゃぎしていました。さらに、赤ちゃん連れでも楽しめる配慮も感じられ、飲食物の持ち込みができることもママ目線で高ポイント。

夏、冬、雨天時のわが家のお気に入りのお出かけスポットとして、本当は今後も混雑してほしくないけれど…、ついつい紹介したくなるような“遊びの楽園”でした。元気いっぱいの子どもたちとのお出かけに、一度訪れてみてください!

非日常の“雪の世界”が待っていますよ!

夏の暑さに疲れたら、駅前でひんやり雪遊びをしてリフレッシュ!

施設情報(アクセス・サービスなど)

名称 東京あそびマーレ
公式サイト https://asobimare.jp/tokyo/
※最新の情報はこちらでご確認を
おすすめ年齢 0歳~12歳
料金(休日) 【室内遊園地のみ】2歳以上:1200円、1歳:600円
【スノータウンのみ】2歳以上:1200円、1歳:600円
【室内遊園+スノータウンのパック】2歳以上:1700円、1歳:1100円
営業時間 10:00~19:00
アクセス 〒192-0363 東京都八王子市別所2-1 ビア長池新館2階
京王相模原線「堀之内」駅 南口直結
駐車場 ビア長池駐車場 642台
サービス おむつ替えスペースあり /授乳スペースあり / キッズゾーンあり / 無料ロッカーあり/ 飲食物持ち込み可

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ゆっきーさん

5歳の双子女子を育てながら広報として働く、神奈川在住のワーキングマザー。お出掛け&美味しいもの好きで、野菜ソムリエの資格も取得。“楽しい!美味しい!オトク!”を共有しましょう!

ゆっきーさんの記事一覧 v-right