女性管理職が3割なら、主夫も3割に!壮大な野望の元に集まったフツーの主夫たちが語る「秘密結社主夫の友コラム~ぼくらの言い分~」。今回はパパの苦手な3大家事「お裁縫」「トイレ掃除」「ヘアアレンジ」を学ぶイベントについてご紹介します。

こんにちは。秘密結社「主夫の友」の広報、杉山ジョージです。兼業主夫を名乗って8年。いろんな家事をやっていますがそれでも得意不得意があるわけです。ま、それは男女ともにあると思いますけど。でも、ほとんどのパパが苦手な家事というのがあるんです。

「ちょっと髪結んで!」

娘がいると日常会話の中で、よく出てくる。料理、洗濯、お掃除とか、「家事のカテゴリー」というと、こういうメジャークラスのものばかりが注目をされがちだけど「娘の髪を結ぶ」というのも、毎日の家の事。立派な家事だと思う。

しかしこの「髪を結ぶ」ということ。パパにしてみれば娘が生まれるまでほとんど経験することがないもの。対照的にママにしてみれば、ある程度の年齢からは自分で自分の髪を結んできたわけでそりゃもうスキルの差は歴然なわけですよ。

「結んだよ」「そうじゃない」

どう結ぶか? なんてそれほど重要視していないパパにしてみればとりあえず一つになればいいや、くらいに結ぶ。するとママにやり直される。何がいけないのだろう?? ママにしてみれば当たり前すぎて説明もうまくできないレベルなんだと思う。

そんな中、長女がバレエを始めたころ。週末のレッスンはいいけど、平日のレッスンの時は当然ながら僕が担当。送り迎えだけでなく、お団子ヘア「シニヨン」を結わなくてはならないのだ。見よう見まねでやっても全然うまくできない。

なので動画を見たり、いろいろなサイトを参考にしたり、シニヨン講座に行ったり、様々な努力を重ねた結果、なんとか少しだけまともな雰囲気のものまでできるようになった。

これって娘がいるパパ、みんなの悩みなんじゃない?

と、思ったりしたので、我々主夫の友の中で娘を持つパパとも相談して企画したのです。

娘のためのパパ家事スクール

先日、6月9日(金)に虎ノ門ヒルズにあるショップジャパンでおよそ20人の娘を持つパパ限定で開催しました。ここにはタレントで娘もいるユージさんも参加してくれました。

このスクールで学べるのは「お裁縫」「トイレ掃除」そして「ヘアアレンジ」。そう、まさに自分が過去の経験から、おおむねパパは苦手、という家事を揃えてみたのです。

そうか!2回にわければいいのか!

一番気になったのは、僕が独学で学んだヘアアレンジ。とは言っても短い時間の中だったので、今回はポニーテールのコツまで。担当は「ラフォンテ」の店長でご自身も娘を持つパパである美容師の立石祐二さん。

まずは、髪をまとめる位置について。顎の先から耳の上を結んだラインの延長線上が基本。ここを「ゴールデンポイント」と呼ぶ。参加するパパたちからは「おー!」とよくわからない歓声が上がるが・・・

僕は知ってたぞ!それはどこかのサイトで見た!なんかよくわからない優越感。ただ、それがわかってもうまくいかないことも知っているのだ。秘密はなんなのだ??教えてくれ!

1回でまとめようとすると難しいんです。だから、耳から上だけでまとめて一度、ゴムで止めてしまいます。その上でクシを使って下の方の髪をまとめて 最終的に一つに結ぶんです。

えー、そんなことしたことなかったし、誰も教えてくれなかった・・・試してみると確かにうまくいく。もっと早く知りたかった。

最後はトップをくずしましょう

その他、立石さんが教えてくれたこと。

  • 男性の方が手が大きい。だから髪をまとめるのは男性の方が向いているはず
  • 髪の毛は束で引っ張れば痛くない。多少強くやっても大丈夫。子どもが「痛い!」というときは、うっかり少ない本数で引っ張ってしまっている状態
  • 笑顔でやることが大事。一生懸命やろうとして、入り込みすぎると子どもにとっては怖い。

なるほど。確かに。僕を含め、参加したパパたちはそれぞれの娘を思い浮かべながら頷きまくった。

最後に、立石さんが言った。

トップをくずしましょう

新しい言葉が出てきた!トップってなに?? ママなら一瞬でピンとくると思うけど、単に頭頂部のこと。全部をぴったり結ばないで、そのトップとやらを少し束で引っ張って崩し目にすることでもっとかわいくなる。うーん、奥が深い。

最近、手先が器用な様子がよくテレビでも取り上げられるユージさん。さすが、上手にまとめていました。

「娘がいるパパは同じ目の輝きをしている(笑)」

ユージさんもパパ仲間たちと楽しい時間を過ごしてくれたようでよかった。

このあと、家事のスペシャリストであるライオンのリビングケアマイスターによる「トイレ掃除」そして、ショップジャパンのコンパクトミシン「ヌエッタ」を使った「お裁縫講座」と続き、パパたちは目をキラキラさせながら、それはそれは真剣に学んだのでした。

苦手な家事も、ちゃんとやり方を学べばパパだってできるんです!たぶん。またこういうスクールを開講したいなと思っているのでぜひぜひチェックしてみてくださいませ。

イベントの詳しい様子が気になる方は「秘密結社主夫の友」のFacebookでどうぞ!

この記事を書いたライター

ライター一覧
秘密結社 主夫の友さん

女性管理職が3割なら、主夫も3割に!壮大な野望の元に集まったフツーの主夫たちが語る、今、思うコトをリアルに発信。

秘密結社 主夫の友さんの記事一覧