洗面台下の扉をなくしてスッキリ!

うちの家族は「扉の中に物を隠ぺいしてしまう」という厄介な習性があり、前に住んでいた家(マンション)では、扉がある収納場所は片付くどころかいつもカオス!

しかも洗面所には、子ども用に踏み台を買ってしまったので、踏み台に邪魔されて、ますます片付かないっ!!ということで、思い切った設計に踏み切りました。

扉など 外してしまえ!ホトトギス

洗面台の下を思い切って“オープン”にしてみました。

建築の方には、「配管がむきだしになりますよ?いいんですか?」と言われてしまいましたが、「扉はナシで!」と懇願。

オープンにしたことで、踏み台はこの下のスペースに置き、子どもが自分で出し入れすることができるようになりました。そして何より洗面台下に湿気がたまりません。

さらに、ここで使ったタオルはお風呂前の脱衣スペースにあるカゴにポイっと入れる導線を確保しました。

このオープン収納、子どもも使いやすいし、掃除はしやすいし、とにかく快適!!

さらに、ストック品の「見える」化も進むので、ものを死蔵することもなくなりましたよ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
かんべみのりさん

MBA漫画家。著書に「日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」など。3歳0歳姉妹のママ。手帳・連絡帳の育児日記を毎日Instagramにて更新中。

かんべみのりさんの記事一覧 v-right