悲しい事に、わが家のテレビ(SHARPのAQUOS 52インチ)が割れました。今回は、火災保険で補償してもらった体験談を紹介します。

テレビが壊れたとき火災保険は使えるの?

火災保険はテレビやパソコンなどが壊れたときも補償してくれます!

火災保険には家財保険も含まれており、「不測的かつ突発的な事故(破損・汚損など)」は補償の対象になるんです。例えば、物を運んでいるときに誤って家財道具を破損させてしまった場合などの偶然な事故による損害を補償してくれます。

私も何となくは知っていたのですが、どうやって請求したらいいのだろうかと困ることばかりで…。実際にテレビが壊れ、火災保険を請求してみたら、意外と簡単に手続きでき、さらに、少しお得な気持ちにもなれたのでママは絶対に覚えておくべきだなと感じました。

そもそも、どうしてテレビが壊れたの?

テレビが壊れた理由は、「子どもがストローマグを投げた」から…。

我が家には2歳の娘と0歳の息子がいます。その日は娘がお風呂でのぼせたのか、お風呂上がりの機嫌がすごく悪く、こぼすと悪いなと思い、ストローマグに麦茶を入れて渡しました。そうしたら、次の瞬間「お茶いやだ」とストローマグをポンっと投げたのです。

「パリーン!」

テレビの液晶が一瞬でバリバリに…泣。

こういうときって、時が止まりますよね。私は溜め息しか出てこず、一旦落ち着こうとソファーに座りました。

さすがに娘も「まずい」と思ったのか静かになり、可愛らしく「ママどうしたの?」なんて話しかけられたのですが、余裕がなく「ちょっと待ってて」と返すのが精一杯でした(笑)。

このテレビは、4年前に買ったSHARPのAQUOS 52インチです。液晶テレビの寿命が大体7〜10年と言われているので本当にショックでした。

火災保険を請求してみる

1 保険会社に問い合わせ
まずは保険会社に今回テレビが壊れたケースも、補償の対象になるのか問い合わせをしました。(約款なんて読む気にもなれません…。)

事情を説明し、保険会社の担当者から「補償の対象になります。」と返事をもらい、すごくホッとしたのを覚えています。併せて、「今後のやり取りはLINEでもできますが、いかがでしょうか。」とのことだったので、LINEですることにしました。

記録も残りますし、何よりも簡単で便利ですよね。今は保険のやり取りまでLINEなのかーと感心してしまいました。

2 テレビの液晶割れ修理の見積もり依頼をする
保険会社から求められたものは3つ。「壊れたテレビの写真、壊れたテレビの裏にある型番シールの写真、修理の見積もり」です。

写真は撮ってLINEでサクッと送信できるのですが、修理の見積もりはどうすればいいのかなと…。ネットで検索し、メーカーに依頼しました。我が家はSHARPに電話をし、後日、出張見積もりにきてもらうことに。ちなみに、今回の出張見積もりは料金が4320円かかり、自己負担になります。

実際にSHARPの方が来てくれたとき、ちょっと問題発生。出張見積もりの電話をしたときはテレビの電源が入ったのですが、いざ見てもらうときには電源も入らず…さらに状態が悪くなっていたのです。

電源が入れば、その場で見積もりが出せるのですが、電源が入らないことにはテレビの状態の診断ができず、一度会社に持ち帰って電源基盤をチェックしてみないとわからないと言われてしまいました。

いったいいつになったらテレビは復活するんだろう…と思っていたら、「テレビがないと困るでしょう」とSHARPの方が代替機を一時的に貸してくださいました!

これには本当に助かりました。自分が壊してしまったと自覚はあるものの、テレビが壊れてからシュンと悲しい顔をしていた娘。さすがにこのままでは可哀想だなと思っていたので、感謝の気持ちでいっぱいでした。

数日後、「やっぱり電源基盤まで不具合が出ていました」と修理の見積もりが届いたので、すぐに見積もりを写真に撮ってLINEで保険会社へ送信しました。

火災保険の支払いについて

見積もりを送るとすぐに保険会社からLINEで返事がきました。このスピード感もとても嬉しかったです。

保険会社からの返事は「修理不能で対応させていただきます。同機種は現在販売終了しているため、後継機種の販売価格で算出させていただきます。」とのことでした。

確かに、修理の見積もりが新しく買うのと同じくらいの金額だったので、私も買ったほうが早いなと思っていました。保険会社から提示された金額でOKすると、数日後に振り込まれるとのこと。

さっそく新しいテレビを買いに行きました!

出張見積もり費用など、いくらか自己負担しなければならないものの、最新4Kテレビが我が家に届いたことは結果オーライな気持ちになります。また、テレビの購入で電気屋さんのポイントがかなり溜まり、他の家電も欲しいなーなんて楽しみも増えました(笑)。

子どもが原因で物が壊れるなんて日常茶飯事ですよね。もちろんダメなことを教えたり、注意したりするのは大切なことです。しかし、親も子どもも怒ってばかりだと嫌になりますよね。

そんなとき、火災保険の補償内容を知っていれば、少しは心に余裕ができ、親から子どもへの伝え方も変わってくるのではないでしょうか。小さい子どものいるファミリー世帯は、火災保険はあって損はないなと思いました。

もちろん、保険会社との契約内容によって補償内容や対象、算出方法は違ってきます。でも、一般的に日常生活に関するものは、火災保険の対象になるようです。時間のあるときに、確認しておいてもいいのかなと思います。

改めまして、はじめまして

ご挨拶が遅れました。はじめまして。ハシト チサです。2歳の女の子と0歳の男の子のママです。

ママたちはみんな育児、家事、仕事に頑張っています。でも、本当は頑張りたいのではなくて、全部楽しみたいですよね。

いっぱい子どもと遊んで、すくすく一緒に成長していきたい気持ちをブログに綴っていけたらなと思っています。

ブログで書きたいテーマはざっくりですが絵本、お出かけ、育児・家事に関わる商品レビュー、インテリアなどです。新しいもの、ステキだな、かっこいいなと思えるものにアンテナを張っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

子どもと過ごす毎日を笑顔あふれるものにしたい!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ハシト チサさん

おませな2歳女の子と元気いっぱい0歳男の子のママです。「楽しんだもの勝ち」と思いながら日々生活しています。新しいものやかっこいいなと思うものを探すのが好きです。

ハシト チサさんの記事一覧 v-right