キャベツだけじゃない。白菜でもおいしい!

4コマでおかずができるかんたんおいしいレシピをこれから投稿していきます。その第一弾として、この冬我が家で流行中の白菜コールスローをご紹介します。

コールスローというとキャベツで作るのが王道かなと思います。でも今が旬の白菜でもおいしいんです。生の白菜ってそんなにたくさん食べられませんよね?コールスローにすると、いっっくらでも食べられますよ!

材料はこちら。4人分くらいが目安ですが、白菜がたくさんあるときは倍の量で作って作り置きしてもよいと思います。それから調味料はだいたいの量です。お好みの味に加減なさってください。

・白菜:1/4個
・塩:小さじ2
・ロースハム:4枚
・酢:小さじ1
・砂糖:小さじ1
・マヨネーズ:小さじ2
・ハーブソルト:少々

1.白菜を切る

1コマ目(写真の左上)のように、まずは3等分か4等分くらいに切り分けて、千切りにしていきます。

そのあと、この切り分けたひとやまずつをいっぺんに千切りにするのは切りにくいので、山から切りやすい量(まな板の上でおさえて平たく安定する量)をとって千切りにしていくと切りやすいですよ。

2.塩もみをしてしばらく置く

2コマ目(写真右上)のように、千切りにした白菜はポリ袋に入れてしまいます。ポリ袋の中で塩を振って、塩が全体にいきわたるように揉んでから、水気が出てくるまで置いておきます。

出てきた水気を、ポリ袋に入れたまま絞って袋の口から捨てていきます。少しずつとって素手で絞ってもよいのですが、ポリ袋に入っているとばらけないので絞りやすいですよ。

ぎゅっと絞るには、少しずつとって、さらし等に包んで絞るのが良いのだと思いますが、ここは楽してポリ袋を使っています。

白菜のほかにも何か野菜を入れたいときは、同じように千切りにして、白菜と同じポリ袋に入れて塩もみしてしまうとよいと思います。きゅうりやにんじんなどがよさそう。

3.和える

水気を絞った白菜と、千切りにしたハムをボールに入れ、酢、砂糖、マヨネーズ、ハーブソルトで味付けをします。

4.できあがり!

お皿に盛って、完成です!簡単すぎますが、白菜がお安く出回っている今だからこそおすすめのサラダです!

レシピのこぼれ話。

コールスローといえば、お母さんがたまに買ってきてくれたケンタッキーのコールスローのことを思い出します。

子供のころ弟が病気がちでよく病院のお世話になっていて、その病院の近くにケンタッキーがあって、そこでお母さんがたまにおみやげに買って帰ってきてくれました。チキンと、それからメープルシロップで食べるビスケット(これも大好き!)と、必ずコールスロー。

お母さんと弟が病院に行ってしまうのは心細かったけど、このケンタッキーはうれしかったことをよく覚えています。頑張って留守番していた私へのごほうびとして買ってきてくれる母の気持ちもうれしかった。

だからコールスローというと私にとってはケンタッキーで買うもの。長らく自分で作ったことはありませんでした。だいぶ大人になってから、お母さんが家で作ってくれたキャベツのコールスローがすごくおいしくて、コールスローって家で作れるものなのか!と感動したことを覚えています。

それからキャベツのコールスローは自分でも作るようになり、ある日白菜がたくさんあって何かサラダにできないかなと考えたのがこの白菜のコールスローです。作ってみると、キャベツよりもこっちのほうが夫には好評で、それからよく作るようになりました。

白菜でちょっとかわった一皿を、と思ったときにぜひお試しいただけたらと思います!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さん

2人の男の子をもつワーママです。普段は会社員ですがいつかお料理を仕事にしたくて勉強中。まいにちのごはんのことを投稿します。みなさんご一緒に、日々のお料理を楽しみましょう!

咲さんの記事一覧 v-right