/ 2019.03.02

「ひな祭り」は娘だけの特別な日?

1年に1度の「ひな祭り」我が家は昨年第2子となる長女が産まれ、健やかな成長を願い家族で初節句をお祝いしました。私自身、なんだか久しぶりに「ひな祭り」を意識した気がします。しかし、ママだって「ひな祭り」をお祝いしてもいいはず!

娘さんがいてもいなくても、いつまでも女性として楽しく幸せな毎日が送れますように☆と願いを込めて家族みんなでお祝いしてはいかがでしょうか?

定番のちらし寿司をプチアレンジして華やかに。

ひな祭り当日の練習を兼ねて、ほとんど冷蔵庫にある材料で作ってみました。※なので具は決して豪華ではありません(笑)ケーキの型にすし飯や具材を順番に敷き詰めて、ひっくり返して飾り付け♪これだけで「映え」なケーキ寿司が完成します。

ママの為に、少し大人な盛り付けを考えセリアに急行したところプラスチック容器の「ワイングラス」を発見!!これは使える!と確信しました。中身はケーキ寿司と全く同じですがグッとオシャレ度が上がります。

プチカップは、まだ離乳食完了期の娘用に鮭をほぐして作った鮭ごはんに1歳からのチーズや野菜達を型抜きで抜いて飾り付けました。すし飯が苦手な4歳のお兄ちゃんが嬉しそうにパクパク食べてくれました。

工夫次第でアレンジが無限大

作り方、具材は至って簡単。ケーキの型(今回は12センチ)にラップを敷いて、炒り卵→すし飯(すし太郎さん等を使うも良し。)カニカマ&胡瓜をマヨネーズで和えたものを間に→すし飯。

コツは材料を入れる度均一にギュッと敷き詰めていきます。※水分が出る物はしっかり水切りしてください。以上で、ひっくり返して出来上がり♪あとはケーキの上をお好きにデコレーション。私はサーモンをバラの花に見立てて飾り、ハムを桜の型で抜いた物を飾ってみました。

間に挟む具はツナや鮭フレーク、そぼろ、飾りはイクラやお造り、生ハムやアボカド等アレンジ次第でオリジナルケーキ寿司の完成です。

我が家流ケーキ寿司をみんなで作るのも◎

これはパパのお誕生日に作ったすし太郎さん&とりあえずお造り乗せといたら大丈夫でしょ!?バージョンです。可愛いピックを飾るだけでグッと特別感が出ますよね。娘用よりかなり手抜きですが、見た目に騙され非常に喜んでおりました。

土台を小さいサイズにしたら個人でトッピングもできるし、大きい土台でそれぞれエリアを決めてみんなでワイワイ話しながらトッピングしても楽しいと思います。これならパパや子ども達に全部お任せして作ってもらう事も可能かもしれません。

せっかくの女の子のイベント「ひな祭り」。ママである私達もたまには自分の為にお祝いしてみませんか?

3月3日は具材を全部ママ好みにして最高にハッピーなひな祭りを♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
かおりいでいさん

2人の子育て中フルタイムワークママです!働きながらも家族との時間を楽しみたい!お酒と美味しい物大好き。
いつか自分でお店がしたくて念願の「食品衛生責任者」の資格を育休中に取得しました♪

かおりいでいさんの記事一覧 v-right