薬が飲めない!けど花粉症がひどい!

今年もやってきましたね、花粉症。いつもは薬を飲んで対策していたものの、妊娠中・授乳中で飲めなくなった途端に一気に悪化した気がします。

現在も授乳中で薬が飲めない身なのですが、花粉対策で出来ることを片っ端から試してみたので少しご紹介します。

授乳中でも飲める薬ってあるよね?

あるっちゃあります。

妊娠中、花粉症に悩まされていた時に産院で渡されたのは漢方薬の「小青竜湯」。1人目の妊娠中はこれを飲めば、症状はだいぶ落ち着いていたんです。が、今では全く効かなくなりました。

そして今年、主人がいつもお世話になってるアレルギー科の先生に相談をしたところ、授乳中の人が飲める薬は効果がとても弱い上にそれなりのリスクがあるから勧められないと。やっぱり薬には頼れなさそうです。

とにかく花粉の侵入をブロック!

写真向かって左のスプレーは、メイクの上からでも使える花粉等付着抑制スプレー「イハダ アレルスクリーン EX」です。完全にブロックできるわけではないですが、これをするのとしないのでは全然違います!

そして写真向かって右の緑のスティック「MoriLabo(モリラボ)花粉バリアスティック」。これはマスクの外側の鼻に当たる部分に塗ります。香りで花粉をガードします。ヒノキのような、スーッとしたいい匂いです。おそらくこれだけで効果抜群とは言い切れないですが、プラスワンで使ってもいいかなと思います。

寝てる時にもブロック!

「アレルシャット 夜ぐっすり朝すっきりミスト」これは花粉だけでなく1年中を通して季節ごとに異なるアレル物質をカットしてくれるらしいです。寝る前に布団にシューっとスプレーします。直後は湿っているので、10-15分経って乾いた頃に就寝します。

花粉症に良いお茶は?

花粉症に良いと聞いたてん茶、試しました。これは、ものすっごく不味かったです(個人の感想です)。恐ろしいほど不味過ぎたので、これだったら花粉症に悩まされてる方がマシだと思うほど不味かったです(個人の感想です)。

やっぱり定番のマスク、メガネ、そしてプラズマクラスター

マスクとメガネ。これはもう、どんな見た目と言われようともしょうがありません。薬が飲めない今、まずは防ぐことから始めます。

あとは家に入る時に上着に付いている花粉を払いおとす。地味な作業ですが効果は大きいです。

我が家はプラズマクラスターも室内に置いてますが、こちらはこまめにフィルターを掃除することで効果が変わるので、空気清浄機をお持ちの方はそちらも試してみてください。

一緒にこの時期乗り切りましょう!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
Nikki12115さん

国際結婚をし都内で2人の男の子、犬1匹を育てています。言葉のこと、文化の違いなどをどうやって子ども達に教えていくか日々試行錯誤をしています。

Nikki12115さんの記事一覧 v-right