/ 2019.03.26

来週から新年度スタート!保育園準備できましたか?

3月も残りわずか1週間!私は1歳の息子がいるのですが、この春から保育園へ預けることが決まっています。

保活が無事に終わったのもつかの間、保育園準備のラストスパートに追われています(笑)。

そんな週末、駆け込みで通園用レッスンバッグを手作りしたので、ご紹介します。

近くの手芸屋さんを要チェック!

保育園で【レッスンバッグ】が必要と聞き、色々と調べました。

はじめは、お店で購入しようと思っていたのですが、ママ友に聞くと、「既製品は友だちとかぶる」「作ってあげると喜ぶ」などという声をちらほら聞いたので、作る方向でも検索。

すると、見つかりました!布や糸、ミシンなどを売っている手芸屋さんで、レッスンバッグの講習会が開催されていたのです。

さっそく予約して、参加してきました。画像の通り、選んだ布を裁断するところから始めました。

ミシンを使えるのがありがたい

レッスンバッグを作りたいと思って、まず困ったのが、ミシンを持っていないこと。さすがに手縫いでバッグはつらすぎます。(笑)

伺った手芸屋さんでは、ミシンはもちろん、ロックミシンまで貸してくださったので、スムーズに作業が進みました。

週末、子どもを夫に預けてひとりで参加したので、久しぶりにひとりでものづくりに没頭できて、リフレッシュにもなりました。

思いをこめた通園用レッスンバッグ

じっくり2時間近くかかってしまいましたが、自分の気に入る布で、かわいいレッスンバッグを作ることができました。

ちなみに費用は、材料費と、お店の年会費などを合わせて1600円ほど。

探せばそのくらいのお値段で既製品も売っているし、フリマアプリやハンドメイドサイトなどで依頼、購入などもできます。

でもやっぱり、自己満足ですが、自分が作ったバッグで子どもが毎日通園するんだと思うと、とっても嬉しいです。

きっと、うまく喋るようになる頃には、キャラクターものがいいとか言うようになると思いますが(笑)それまでは、お母さんの選んだうさぎさん柄のバッグで通園してもらいます。
※冒頭にもありますが男の子です。

講習会などの実施の有無、参加費用等は手芸屋さんによってかなり異なると思いますので、ぜひお近くのお店で調べてみてください。

今回、私の行ったお店では、講習会に加えてオーダーメイドでも受け付けているそうですがピークは2月だったそうです。私が遅すぎた(笑)。

みなさん、もうこの春からの通園グッズは準備済みだと思いますが、今後、通園バッグを新しくするタイミングなどで思い出してみていただけたら嬉しいです。

コスパは悪いけど、手作りは達成感ありますよ!(笑)

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
べっちさん

2017年生まれ・1歳の男の子を育てるママ。ポイ活、ふるさと納税、株主優待、フリマアプリなどなど、お得が大好き。削るところと出すところ、メリハリつけてます!

べっちさんの記事一覧 v-right