/ 2019.04.12

十条駅から徒歩15分、繁華街とは逆方面へ歩く

十条というと、十条銀座の商店街やレトロなカフェや食堂があって休日にふらりと出掛けるにはぴったりの場所です。家が近いこともあって、学生の頃は私も買い物やお茶をしにちょくちょく訪れていました。

でも子供ができてからというもの、商店街のお買い得な野菜やお惣菜が恋しいものの、なかなか子連れで買い物の大袋を抱えて帰る気になれず…だんだんと来る機会が減り…。最近はかつて訪れていたにぎやかな商店街とは逆方面にある北区中央図書館、通称「赤レンガ図書館」に訪れることが多くなりました。

桜が美しい季節、パパが仕事だったので遠出はできませんでしたが、お花見も兼ねて娘二人を連れ出し、赤レンガ図書館で過ごした一日の様子です。

まずは絵本を読んだり、おはなし会を聞いたり

10時過ぎに到着しましたが、うちの子たちはまだとろんとした表情で眠そうだったので、まずは絵本のある2階でゆっくり過ごすことにしました。

2階は小学生くらいまでの子供の本がある子供本コーナーで、おはなしの部屋があったり、乳幼児のためのおもちゃコーナー、授乳室とおむつ替えのスペースも用意されています。こういう場所があるだけで、ママたちは本当に来やすくなりますよね。

娘たちは木のおもちゃでかちゃかちゃおままごとを楽しんでいました。

11時からのおはなし会があるということで娘たちとともに隣接の小部屋へ。しばらくすると年配の女性二人が来て子供たちに手遊び歌や絵本の読み聞かせをしてくれました。

でもうちの子たちは(3歳児も1歳児も)じっとしていられず、ちょこちょこ動き回って、しまいにはお菓子をねだるので、結局途中で抜け出しておもちゃスペースで遊びました。

おはなし会も時間によって赤ちゃん向けのもの、幼児向けのもの、などいろいろあるのですが、マイペースなうちの子たちには合わなかったよう。でも他の子たちは静かに聞き入っていたので、楽しめる子にとっては親もほっと一息できる時間になると思います。

2階にも外の空気を味わえるこんな素敵な席が用意されています。

外国語の絵本もあるので、パパが韓国人の我が家ではハングルの本を借りて読んだりします。なかなか手に入らないのでありがたいです。

本に飽きたら芝生へ、今の季節はお花見も

11時半ころから「お腹すいた~」と言い始めたので、「少し早いけどお昼にしよう」と外へ。赤レンガ図書館が普通の図書館と違うところは、外が芝生の広場と直結していてシートを広げてお弁当を食べたり、思い切り走り回って遊べるところです。横には遊具がある公園のようなスペースも。

先日行った時も、午前中は人がまばらでしたが、昼頃になるとたくさんの人がテントやシートを持ってきてお花見していました。でも人でびっしりというわけではなく、適度にいる感じなのでスペースも広々としていて、とても居心地が良かったです。

広大な敷地の場所に行ってワイワイガヤガヤお花見するのもいいけど、家族だけならこういう場所でゆっくりするのもいいな、と思いました。何より、視界が開けているので遠くからでも子供が見えるところが良いです。迷子になる心配なし、です(笑)。

二人の娘たちはお弁当を食べ終わり、遊具で遊び、お花見している別の家族のところへ何度も行って話しかけ(すみません…)、芝生を駆け回って…とエンジョイしていました。

ボール遊びなども可能ですが、固いボールはNGとの立て看板があるので、小さい子でも安心して遊べます。

アウトドアでもインドアでも両方楽しめるところが良いところ

子供って同じことをずっとやっていると飽きてしまいますよね。図書館もせっかく連れて行ったは良いけど、絵本を数冊見て「もう帰る~」と言い出したり「おやつは?」となったり。

赤レンガ図書館の良いところは、絵本に飽きたら外遊び、外遊びに飽きたらまた絵本、と無限に?反復して楽しめるところです。大人も気に入った雑誌や本を借りて外で読んだりできるので、なんとなく充実した気分に…。

子供たちは外遊びのあとにまた絵本に戻り、おやつを1階のフリースペースで食べて、外へ出て…という調子で結局午後3時頃までいました。家にいると子供と格闘しながら長く感じる1日も、外に出てしまうとあっという間に感じます。

図書館の1階にはカフェも併設されているので、持って行くのが面倒なら現地調達しておいしいケーキやランチもいただけます。

カフェのなかにはフリースペースもあるので、天気の悪い日は中でお弁当を食べることも可能です。そしてコーヒーなどが売っている自販機で買える紙コップに入った水は0円です(笑)。

一日遊ぶなら自転車か徒歩がベター、コミュニティバスも

ただひとつ残念な点は、駐車場の収容台数が少ないのと、最大料金がないので長くいる場合は駐車料金が高くついてしまいます。なので、半日くらい遊ぶなら徒歩か自転車が良いです。

さらにコミュニティバスで来れば、停留所になっているので目の前で降ろしてくれます。大人も子供も同一料金で100円、さらに未就学児が小学生以上の人と同乗する場合、同乗者1名につき未就学児2名まで無料だそうです。

これからの季節、外でいっぱい遊ばせたいですね

週末になると、「土日をどうやって乗り切ろう?」と悩むママは多いはず…。特にうちのようにパパが土日休みでない場合、ママひとりで乗り切るのはなかなか大変です…。

春、外が気持ちいい季節は、思い切って一日遊べる場所におでかけしてみるのも良いかもしれません。公園が隣接している大きめの図書館とか、芝生や木陰のある広い公園とか…。夕食の残りをお弁当箱につめて行けば、冷蔵庫もすっきりです(笑)。

子供たちも思いっきり遊んでストレス発散になり、子供を横目に見ながら大人も意外と自分時間ができて、ゆったり過ごせます。うちはこのパターンが定番化しそうです。

でも洋服は泥だらけになるので汚れても良い(なんなら捨てても良い)服で出かけることを強くおすすめします。ママのストレス防止のため(笑)。そして着替えも忘れずに…。

気持ちの良い日は外へ行こう!あなたの近くにもこんな場所きっとあるはず

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
maruriさん

韓国人の夫、ふたりの娘と暮らすマイペースママ。15年前から実母を介護している。育児も家事もマイペースに奮闘中。

maruriさんの記事一覧 v-right