そうだ、ミラコスタへ行こう

お泊まりディズニーランドの翌朝。今回はディズニーシーには行かないと決めていたものの、ちょっと名残惜しい気分に。

シーは行かなくても、ミラコスタだけならいいかも!?と思い立ち、宿泊していたオフィシャルホテルからディズニーリゾートラインに乗って、ミラコスタへ向かいました。

オチェーアノのブレックファストブッフェ

今回選んだのは、オチェーアノ。(というか、予約なしで入れたのはこのお店だけでした)ブレックファストブッフェは3200円です。

今回は私と1歳の息子、2人だったので、2人で3200円。2人分だと思うと、急にお得に思えてきますね。(笑)

ちなみに、同じくミラコスタにある、ベッラヴィスタ・ラウンジは3000円でした。

ブッフェ台をご紹介

こちらはパン。一口よりやや大きめのパンが、約10種類。いくつか食べましたが、どれも美味しかったです。

さらにスタッフの方が焼き立てを出してくれる、ホットケーキもありました。息子は、ホットケーキのトッピングの、バナナのカラメリゼを気に入って、たくさんおかわりしていました。

中華料理のお店ですが、朝食は何でもあり!

こちらはサラダの台。ほかには、温かい洋食のおかずに、和食、フルーツ、ジュースなどもありました。私、実はホテルの朝食ブッフェが大好きなんです。今回も洋か和か、なんてことは言わず、一通り全部いただきました。

スープは具だくさんのコーンチャウダー、チーズは2種類、カレーは王道な感じではなくミックスビーンズという変わり種。あとは和食コーナーに明太子、しらす、とろろがあって嬉しかったです(笑)。

すごく欲を言えば、温泉卵がないことだけが残念でした。ディズニーは子連れが多いので、お子様が食べたがらないように、という配慮かもしれません。
思い返せば、他にも小さい子どもには避けてほしい生モノのメニューはありませんでした。

せっかくのミラコスタ、ぜひ記念写真を

テーブルがきたなくて申し訳ないですが。。「写真撮ってください」と店員さんに頼むと、快く応じてくれました。

ちなみに、大人は温かいコーヒーか紅茶がサーブされます。こちらは、カップからなくなる頃に店員さんがおかわりを聞きにきてくれて、いつも温かいものを飲めました。

子ども用ランチョンマットがかわいい!

こちらもきたなくて本当に申し訳ないのですが。。子ども用ランチョンマット、ミラコスタオリジナルです。かわいすぎます。

汚れてしまったので、残念ながら置いて帰りましたが。。記念に1枚欲しいなと思いつつ、さすがに言い出せませんでした。。。

使い捨てのビニール製スタイも、ディズニーリゾートオリジナルの柄でした。

ディズニーホテルのレストランは使いやすい

妊娠中、ひとりでしょっちゅうミラコスタやディズニーランドホテル、アンバサダーホテルでお茶やランチをしていた私。(パークに入場するほどの元気はないけど、ディズニーの雰囲気を味わいたかったんです。)

遠方からの旅行で、絶対この日に行きたい!というなら予約必須ですが、近郊に住んでいて、もしレストランに入れなくても、ディズニーリゾートの雰囲気を楽しめればいいや〜という人は当日ふらっと行ってみるのもおすすめします。

確約はできませんが、モーニングやお茶の時間なら、当日でも入れる可能性が比較的高いです。お値段もランチやディナーに比べるとややお手頃で、満足感も高いと思います。

また、予約席に比べると窓側でなかったり、パーク内は見えない位置だったりもします。それでも、当日の勢いで立ち寄れる気軽さはありますよ。

3000円のモーニング、払えちゃうのは夢の国ならでは!笑

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
べっちさん

2017年生まれ・1歳の男の子を育てるママ。ポイ活、ふるさと納税、株主優待、フリマアプリなどなど、お得が大好き。削るところと出すところ、メリハリつけてます!

べっちさんの記事一覧 v-right